コラム

記事番号:T00010280
2008年9月17日0:00
 
 今年4月より日本では、40歳以上の被保険者および被扶養者を対象とした、生活習慣病予防のための特定健診・保険指導制度(いわゆる「メタボ健診」)が導入されました。

 これにより、個人の肥満や健康への関心は高まり、「糖質ゼロ」をうたった飲料や、脂肪を減らす「トクホ(特定保健用食品)」が続々と生まれ、関連する健康グッズも人気が高じて健康系ゲーム「Wii Fit」(任天堂)のブームまで起きました。一方、企業でも上述の健診制度導入により、従業員の健康管理の面でさまざまな支援や取り組みが行われていますが、さらに同制度では企業に財務上のペナルティが課せられることから、「メタボ健診結果で昇進や昇格に影響が出る」といった声も聞き及んでいます。

 私も試しに、肥満度の判定方法の一つであるBMI(ボディ・マス・インデックス)指数で評価してみましたら…標準範囲値で安堵しました。皆さんもよろしければお試し下さい。

◆BMI指数の算定式=

 体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

※判定基準:BMI指数が…

 18.5未満... やせている
 18.5~25未満... 標準
 25~30未満... 肥満
 30以上... 高度肥満

健康診断についての企業義務

 そもそも日本では、労働安全衛生法第66条の定めにより、企業に対し従業員に健康診断を受けさせることを義務づけています。その実施内容は、常時使用する従業員に対しては「雇用するとき」と「1年以内に1回」の定期診断、また一定の特殊業務に携わる者に対しては「当該業務への配置時」と「6カ月以内に1回」の定期診断とされています(以上を「一般健康診断」。検査項目も規定により指定)。

 また、有害物取り扱いなどの業務に従事する従業員については、一般健康診断の検査項目とは別途異なる項目の「特殊健康診断」を受診させる義務もあります。なお、これら健康診断の費用は、すべて会社負担と規定されています。

 ただし、私自身、過去に就業した企業での健康診断を振り返ってみても、「1年1回の定期検診」はあれど、「採用時」に会社側の費用負担で、健診を受けたことはなかったように思います。代わりに、入社時に会社から求められた「提出すべき書類」の中に、「健康診断証明書」があったように記憶しています。

 実は、上述の企業に課せられた従業員健康診断義務では、「医師による健康診断を3カ月以内に受けた者」を雇用する場合には、その証明書(健診結果)を提出することで義務は免除される、とも規定されています。従って、会社が入社時に採用者に「健康診断証明書」を提出させる意図は、この免除規定を「うまく」利用したものであるのかもしれません。何となく釈然としませんが…今となっては後の祭りです。

健康診断、台湾では…?

 では、台湾での健康診断における企業義務は、いかなるものでしょうか?在台日系企業の就業規則を作成する際などに、しばしばお問い合わせいただく内容でもあります。

 台湾でも日本の労働安全衛生法に当たる法令、「労工(労働者)安全衛生法」があり、同法第12条に健康診断について定められています。おおよその規定内容は日本と同様、「従業員雇用時」と「在職中定期」に従業員に健診を受けさせ、その費用は会社が負担するというものです。

 また、同法の細則である「労工(労働者)健康保護規則」の第10条~12条に、検査項目の指定や、定期健診の実施基準が定められています。それによれば、台湾の法令上における健康診断の実施頻度は、次の通りです。

1. 採用時実施

2. 定期に実施:

 1)満65歳以上の者(1年に1回)
 2)満40歳以上65未満の者(3年に1回)
 3)40歳未満の者(5年に1回)

 なお上記を一般健康診断とすると、さらに日本と同様、特殊な危険業務に従事する従業員についても検査項目および健診実施基準に別途定めがあります。また、上述の規定に違反した場合、法に基づき3万台湾元以上、6万元以下(約10~19万8,000円)の罰金が課せられることになります。最近、労工委員会による「労働安全」に対する取り締まりが厳しくなっている状況もあり、在台日系企業の皆さまはぜひご留意ください。

 「法令遵守」の観点からはもちろん、「従業員の健康管理」は企業の義務であり、また「伝染病感染防止」などのリスク回避にもつながります。新型肺炎(SARS)騒動はほんの数年前に当地で起きた出来事である事実を忘れてはならないと思います。

 余談ですが、まもなく弊社も定期健康診断の時期がやってきます。弊社の指定健診所は、「台湾の某有名企業も利用している」とうわさの、新しくてサービスも充実した施設で、腹ぺこになった健診終了後、窓から松山空港を見渡しながら「健康食セット」をいただけるおまけが付いています!


ワイズコンサルティング 宮本美子