ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第3回 部下をほめる(3)〜食事に誘う場合〜


コラム その他 作成日:2007年6月26日

台湾ビジネスライフの中国語 部下を褒める

第3回 部下をほめる(3)〜食事に誘う場合〜

記事番号:T00001183


 今回も引き続き、スタッフをほめる言葉についてご紹介していきます。

 読者の皆さんは、現地責任者や管理者として、台湾人社員を連れて食事や飲みに行く機会もあると思います。そんな時、うまく社員とコミュニケーション(溝通 gou1tong1)がとれたらいいですよね。

 そこで今回は、社員を食事に誘う時の一言をお伝えします。

 まずは、元気がない社員を食事に誘う時の一言。

a:イ尓最近看起來,不太對勁。イ尓還好ロ巴?今天晩上要不要去吃飯?
為了讓イ尓們打起精神,我請イ尓們吃大餐。
(ni3zui4jin4kan4qi0lai0,bu2tai4dui4jin4.
 ni3hai2hao3ba?jin1tian1wan3shang4
 yao4bu0yao4qu4chi1fan4?
 wei4le0rang4ni3men0da2qi0jing1shen2,
 wo2qing2ni3men0chi1da4can1.)

(最近なんかおかしいぞ、大丈夫か?今晩食事に行かないか?君たちが元気が出るように、食事をごちそうするよ。)

b:謝謝老板的好意。
(xie4xie0lao2ban3de0hao3yi4.)

(お気遣いありがとうございます。)

解説:

a.「不太對勁 bu2tai4dui4jin4」はおかしい、調子が悪いと言った意味で、物事がうまくいかない時や、何か嫌な予感がする時にも使えます。

また「イ尓還好ロ巴? ni3hai2hao3ba0?」とは大丈夫か?という意味で、例えば、風邪をひいて、社員がつらそうにしている時、または転んでけがをした時など一言、「イ尓還好ロ巴? ni3hi2hao3ba0?」とか、「イ尓沒事ロ巴 ni3mei2shi4ba?」(大丈夫か?)を使えば、老板の好感度もアップ間違いなしです。

「打起精神 da2qi0jing1shen2」
とは元気を出すという意味で、元気が出ない場合、

「沒有?法打起精神 mei2you0ban4fa3da2qi3jing1shen2」
を使います。

b.「好意 hao3yi4」とは、上記のように、相手の気遣いに感謝の意を表す他に、直接感謝の気持ちを表したり、枕詞として使って、相手の食事誘いや、呼びかけなどに柔らかく断るのにも使えます。
 
 こうした中国語を暗記するのは大変かもしれませんが、日常業務の中で、ワンフレーズ使ってみるだけで、台湾人社員の見る目も変わるではないでしょうか?

 ※0は軽声で、軽く発音します。その他は1は1声、2は2声、3は3声、4は4声です。なお上記のアルファベットは、中国大陸式の通称ピンイン(pin1yin1)です。

ワイズコンサルティング 牟田口稔弘

台湾ビジネスライフの中国語部下を褒める

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。