ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第88回 ビジネスでよく使う四字成語(39)


コラム その他 作成日:2009年12月1日

台湾ビジネスライフの中国語 オフィスでの会話

第88回 ビジネスでよく使う四字成語(39)

記事番号:T00019547

 
 今回は趣旨を変えて、故事をご紹介させていただきます。

 3000年前の故事です。中国の周の武王が、殷の紂王を討ち、殷を滅ぼして新に周朝を創設してから間もなくのことです。周の威令は遠く四方の蛮夷の国々にまで及び、各地から貢物が献上されてきました。

 西方の旅という国からはゴウが献じられてきました。ゴウとは高さ四尺に及ぶ大犬のことで、人の意を解すと言われる珍獣でした。

 この贈り物を前に、大いに喜ぶ武王ですが、武王の下で宰相を務めていた召公は、珍奇なものに心を奪われて、せっかくの周王朝の創業を危うくしてはならないと、受け取ることをあきらめさせました。その際、召公は武王に以下の言葉を伝えたそうです。

 「王者たるものは、朝早くから夜遅くまで、常に徳に励まなければならない。ささいなことでも慎まないと、結果、大きな徳を失うことになる」

 せっかくの周王朝創設という功績が、たった一つのゴウに心奪われ、台無しになってしまう、つまり「山を為ること九仞、功を一簣に虧く」を伝えたのです。

 この成語は以前中国語を学んだ時に知りましたが、由来までは知りませんでした。今回紹介するに当たり、最後の詰めの大切さ、もう少しで目標を達成するときも最後まで努力することなど、日ごろ上司や社長から言われていることが3000年前の昔から語り継がれているのだと感じました。

 そこで今回ご紹介する成語は、「成功一歩手前でわずかなことで失敗する。多年の努力がわずかなことで無駄になること」を意味する四字成語「功虧一簣」【ゴンー(→)クイ(→)イー(↗)クイ(↘)】です。

 政治史・政教を記した中国最古の歴史書「書経」(しょきょう、尚書とも言います)である「古文尚書」の逸書15篇目「旅獒」(りょごう)の1節からの引用です。


這件工作眼看就要完成了,不過大家不要放鬆。

ジェイ(↘)ジィエン(↘)ゴンー(→)ズオ(↘)イエン(~)カン(↘)ジョウ(↘)ヤオ(↘)ワン(↗)チョンー(↗)ラ 、ブー(↗)グオ(↘)ダ(↘)ジィアー(→)ブー(↗)ヤオ(↘)ファンー(↘)ソンー(→)。

(今回の仕事はもうすぐ完成だが、みんな気を抜いてはいけない)


進入最後階段更得小心,

ジィン(↘)ルー(↘)ズイ(↘)ホウ(↘)ジィエ(→)ドゥアン(↘)ゲンー(↘)ディ(~)シャオ(~)シィン(→)

(仕事も大詰めの際には特に注意しなければならない)


任何疏忽,都可能落得功虧一簣。

レン(↘)ホー(↗)シュー(→)フー(→)、ドウ(→)コー(~)ネンー(↗)ルオ(↘)ダ ゴンー(→)クイ(→)イー(↗)クイ(↘)。

(ここで気を抜けば、今までの努力が水の泡になってしまうだろう)


※ 中国語の声調(イントネーション)は以下の通り標記します。
 第1声(→)、第2声(↗)、第3声(~)、第4声(↘)、軽音:記号なし

ワイズコンサルティング 牟田口稔弘
mutaguchi@ys-consulting.com

台湾ビジネスライフの中国語オフィスでの会話

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。