第9回 大人気!寒さ対策グッズ


コラム 台湾事情 作成日:2011年1月10日

陳小姐的台湾トレンド情報2

第9回 大人気!寒さ対策グッズ

記事番号:T00027605

 ここ数年間、地球温暖化の影響で気候が不順になり、気温の変化が激しくなったと言われています。皆さまは実感されていますか?

 この冬、欧州では大雪が交通機関に重大な影響を及ぼしていますし、米国、中国でも寒波で深刻な被害が出ています。日本のお正月も山陰地方などで大雪に見舞われたようですね。

 亜熱帯と熱帯をまたぐ台湾は、平地では雪こそ降りませんが、盆地の台北は特に冷え込み、最近は最低気温が10度台前半になる日が続いています。日本人の皆さまは「まだ暖かい」と思われるかもしれませんが、台湾人にとってはこの気温でもかなり寒いのです。寒くて寒くて、コートを2枚着ている人もよく見かけます。

 そこで今回は、最近流行している寒さ対策グッズをご紹介します!

「着る毛布」でほっこり暖か

 1つ目は「袖毯」です。袖毯は一言で言うと、「着る毛布」です。全身を足先まですっぽりとくるむサイズの毛布に頭と腕を通すと、とても気持ちよくて暖かいんですよ。袖が付いているので着たままで手を自由に動かすことができ、とても便利です。

 火付け役はアメリカ発のブランド「snuggie(スナギー)」で、世界中で大ヒット。今年は台湾でもブームになりつつあります。

 色やデザインが豊富で、ポケット付きのタイプや、使わないときには丸めて抱き枕に変身するタイプなどいろいろあります。

 会社のスタッフやお友達などに声をかけて「団購(共同購入)」を利用すれば、商品価格や輸送料の割引があるかも。ぜひ一度チェックしてみてください!

<PChomeオンライン「袖毯」販売ページ>
http://shopping.pchome.com.tw/?mod=store&func=style_show&SR_NO=CDAD1U

※「団購」については当コラム過去記事をご参照ください
http://www.ys-consulting.com.tw/column/8750.html

携帯には「暖暖蛋」

 袖毯は実用的でいいけど、ちょっと格好悪いかも…と思った方、「暖暖蛋」はいかがですか?

 暖暖蛋は、中国語で電池式カイロのことです。数年前に登場したのですが、最近は人気アニメ「スポンジボブ」のキャラクターや、セブン−イレブンの人気マスコット「オープンちゃん」のイラストが付いた商品をはじめ、ハート型や動物の形、マッサージ用の凹凸が付いた商品などが発売されて大ヒットしています。

<PChomeオンライン「暖暖蛋」販売ページ>
http://global.pchome.com.tw/?mod=store&func=style_show&SR_NO=DMAB04&tm=u

マッサージ機能付き「暖暖蛋」
http://global.pchome.com.tw/?mod=item&func=exhibit&IT_NO=DCAD5T-A44940997&SR_NO=DMAB4C&ROWNO=15&tm=u

 携帯に便利ですし、かわいいデザインもそろっていますので、お友達へのプレゼントや忘年会(尾牙)の景品にもお薦めです。

 まだまだ寒さは続きます。寒さ対策グッズを使って、この冬を乗り切りましょう!
 

ワイズコンサルティング

東呉大学日本語学科卒業 2010年よりワイズコンサルティングに入社、管理部に所属し会計を担当しています。努力は誰にも負けません。

陳小姐的台湾トレンド情報2

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。