Q.エニアグラムって...?


コラム 人事労務 作成日:2011年3月15日

WISEらくがき帳

Q.エニアグラムって...?

記事番号:T00028751

 「エニアグラム」は元々ギリシャ語で「9の図」を意味する幾何学図形のことです。現在はこの図形から派生して、人を9つのタイプに分類し、それぞれのタイプが持つ特性や動機づけを定義した性格論を指します。イメージは、血液型や星座による性格分類と似ていますが、エニアグラムは、米国有名大学MBA課程のリーダーシップの講義で使用され、日本でもコーチングの手法としてビジネス活用されています。個人の性格本質に基づく手法のため、異文化・習慣にとらわれず、グローバル企業の組織活性化にも有効です(ワイズ幹部研修にも活用)。

●コミュニケーション活用

 会社組織には、さまざまな性格タイプの人間が存在します。一般に人は自分と異なる価値観を持つ他人を、否定せず受けいれることは難しいものです。そのため摩擦が生じ、ギスギスした人間関係の組織になりがちです。これをエニアグラムの手法で、それぞれが自分と相手の性格本質や特性を深く認識することで、価値観の違いを認めて受入れるスキルを生み、組織内のコミュニケーションを円滑にできます。

●コーチング活用

 上司と部下の関係においても、エニアグラムは有用です。部下を指導する際、上司が部下の本質特性を把握していることで、どのような指導法が有効であるか的確に知ることができます。ほめて育てる、厳しく律するなど、部下のタイプ別に指導法も変える必要があり、一律同じ指導法では、効果がないどころか、逆効果になる可能性もあります。

●リーダーシップ活用

 さらにリーダー(経営者・幹部)は、エニアグラムで自分の特性を分析し、リーダーとしての強み・弱み、自分のマネジメントスタイルを知ることで、成果を生み出す組織づくりができます。
このように、社員が相互に認め協調性があり、上司が部下の特性を理解して活用し、リーダー(経営者・幹部)と同じベクトルで一体化する組織を目指すべく、貴社でもエニアグラムを活用してみませんか。

●セミナーのご案内

〜外国人の労務管理はこうすれば簡単♪〜
『エニアグラムを使った人事政策』

詳細はコチラ↓
http://www.ys-consulting.com.tw/seminar/28459.html
 

WISEらくがき帳

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。