ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

第25回 ネイティブ的中国語会話(5)


コラム その他 作成日:2007年12月25日

台湾ビジネスライフの中国語 オフィスでの会話

第25回 ネイティブ的中国語会話(5)

記事番号:T00004562


 あと1週間でお正月ですね。お正月と言えば、年越しそばやおせち料理です。先週無性に食べたくなったので、林森北路のおそば屋に行ってきました。

 もう5年も台湾で年末年始を過ごしているため、おそばやおもちなど日本の正月料理がつい恋しくなってしまう今日このごろです。

 さて、中国語講座も今年最後になりました(来年も続きます)。今回は年末ですので、年末のあいさつについてご紹介します。

 「祝イ尓新年快楽 zhu4 ni3 xin1 nian2 kuai4 le4(良いお年を)」。日本の年末定番のあいさつですが、よく使う一言です。解説しますと、「祝 zhu4」は「~でありますように」と、心から願うニュアンスとなります。 

「快楽 kuai4 le4」は、日本語の快楽という意味ではなく、楽しい、愉快だ、というニュアンスになります。

 例えば、「祝イ尓生日快楽 zhu4 ni3 sheng1 ri4 kuai4 le4」だと、お誕生日おめでとう、という意味になります。台湾のレストランやKTV(カラオケボックス)でよく耳にすると思います。

 その他のよく使うフレーズとしては、
「祝イ尓成功 zhu4 ni3 cheng2 gong1」(成功をお祈ります)

 「祝イ尓一路順風 zhu4 ni3 yi2 lu4 shun4 feng1 」(道中ご無事で)

 「祝イ尓們幸福 zhu4 ni3 men0 xing4 fu2」(お幸せに)

 それでは、年始のあいさつはどう言ったらいいでしょうか?

 冒頭の「祝イ尓 zhu4 ni3」を取り外して、
 
 「新年快楽 xin1 nian2 kuai4 le4」(あけましておめでとう)または、 「新年好 xin1 nian2 hao3」となります。前者の方がよく使うようです。
  
 台湾では旧暦を重視するため、旧正月明けにこのフレーズを使っても構いません。
  
 それでは、皆さま、「祝イ尓新年快楽」(良いお年を)。
 
 来年も引き続きよろしくお願い致します。
 
ワイズコンサルティング  牟田口稔弘
 

台湾ビジネスライフの中国語オフィスでの会話

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。