リーガル

  台湾高等裁判所は2013年3月20日の12年重上字第395号判決において、民法第188条第1項の「被用者が職務執行により違法に他者の権利を侵害した場合、雇用主は行為者と連帯して損害賠償責任を負う」 ……
  台北地方裁判所は2013年3月13日、12年度労訴字第116号判決を下し、労働基準法第12条第1項第4号における「労働者が労働契約または就業規則に違反し、その情状が重大な場合、雇用主は予告せずに契 ……
 台湾高雄地方裁判所は2013年2月7日の12年労訴字第43号判決において、「労働基準法第12条第1項第2号の『労働者が雇用主、雇用主の家族、雇用主の代理人またはその他共に働く労働者に対し、暴行または ……
 行政院金融監督管理委員会(金管会)は3月、「第三者支払いサービス」を正式に開放した。これにより、インターネット上における取引および決済がさらに安全となるため、台湾の電子商取引の商機も大幅に拡大する見 ……
 最高行政法院は、2013年1月17日に13年判字第16号判決を下し、会社の設立登記、変更登記事項に対する主管機関による審査は、会社が提出した申請資料に対し形式的な審査を行うだけでよく、会社法の規定に ……
 台湾新竹地方裁判所は2013年1月3日、12年度労訴字第79号の判決を言い渡し、従業員と会社との法的関係が「労働関係」であるのか「委任関係」であるのかについては、従業員の職務名などを区別の基準とする ……
  2012年12月25日、立法院は会社法第197条改正案を可決した。これにより、今後は、取締役(中国語:董事)が任期満了前に改選される場合(例えば、A社の取締役である甲、乙、丙の任期は10年1月1日 ……
 立法院は1月11日、営業秘密法の改正条文を最終可決した。改正のポイントは以下の通りだ。 一.新法第13条の1によれば、行為者が台湾域内において窃取、横領、無断複製等の不正な方法により営業秘密を侵害し ……
 2012年12月20日、行政院会議(閣議)において「外国人投資条例」および「華僑帰国投資条例」の一部の条文の改正案が決議され、外国人と在外華僑による台湾投資の申請手続きが大幅に簡略化されることになっ ……
 12月6日、行政院は公平取引法改正案を可決した。主な重点は以下の通りである。 一.公平取引委員会は裁判所に対し捜索・差し押さえを請求することができる  違法な独占、結合、連合行為など競争を制限する行 ……
281 to 290 of 301.