リーガル

一.はじめに 中国でビジネスを行う上では、中国の法律専門家、特に中国の弁護士(律師)と接する機会が多々あるかと思います。そのためか、中国で仕事をしていると、中国にも司法試験があるかとの質問や、中国では ……
 一.はじめに 中国では個々の事件における人民法院の判断は、他の事件における判断を拘束しません。しかし、これは裁判官に勝手な判断を許すものではなく、最高人民法院が時折公布する司法解釈は、他の人民法院の ……
 1.事案 上海市にある日系企業X社は、総経理のAに、2012年12月末の期間満了をもって労働契約を更新しないと伝えました。 X社とAとの間の労働契約は、月給4万人民元で、05年1月1日から1年の固定 ……
一.はじめに 日本企業は、その従業員を中国の現地法人に出向させ、総経理職を担当させることが多いと考えます。その際、会社によっては、現地法人との間で労働契約を締結させないことがあるようです。 しかし、当 ……
 一.はじめに 世界中の注目を集める中国の話題の一つに不動産価格の高騰があります。しかし、中国の不動産制度、特に土地の制度を知っている人はあまり多くありません。日本では土地を買えば当然自身が所有権を持 ……
一.はじめに 近年中国では、フランチャイズビジネスを行う企業が増加しています。中国商務部の情報によれば、2012年7月31日時点で、商業フランチャイズ登録企業は、約1,850社に上ります(そのうち、2 ……
 一. 事案 中国の深圳市所在のB社は、日本企業A社が2007年に100%出資して設立した独資貿易企業であり、主にかばんの輸入販売を行ってきました。B社は仕入部、販売部、総務部を設けており、設立当時に ……
一.はじめに 中国に進出する日本企業が悩まされる問題の一つが営業秘密の漏洩問題である。そして、最近では特に元従業員による顧客情報の漏洩が増加している。そのため、今回は元従業員による顧客情報の漏洩が問題 ……
一.はじめに 昨年大きく取り上げられた元重慶市党委員会書記の薄煕来氏の事件をはじめ、中国の政府高官の収賄事件は、日本でも頻繁に報道されています。このため、従業員を中国に駐在または出張させる日本企業は、 ……
一.はじめに 昨年8月31日付で改正されました民事訴訟法(以下、改正後の民事訴訟法について「新法」、改正前のものを「旧法」といいます)が、今年の1月1日から施行されています。改正内容は多岐にわたります ……
21 to 30 of 34.