リーガル

 事案 日本企業A社は、中国の北京市で100%出資の独資企業B社を設立することにしました。そして、B社への出資金の払い込みに先立ち、B社の事務所テナント賃料や取引先への手付金の一部の支払いが必要になっ ……
上海市第一中級人民法院 2012年3月23日判決(2009)沪一中民五(知)再初字第1号1.はじめに 中国では以前より、特許権、商標権および著作権などの知的財産権を侵害していると思われる製品が多数存在 ……
 中国は、少なくとも13億を超える人口を抱え、現在でも一人っ子政策が推進されているのは周知の事実です。 その結果、人口構造がいびつになり、近い将来に労働人口が減少に転じることが予想されています。ほかに ……
一.はじめに 今年の7月1日から「売買契約紛争案件の審理における法律適用問題に関する最高人民法院の司法解釈」(以下「本司法解釈」という)が施行されており、売買契約は基本的かつ重要であるため、今回は本司 ……
31 to 34 of 34.