ワイズシステムは、ビジネスチャット「Chatwork」をプラットフォームとした「リモートワークソリューション」の提供を始めました。


PR B2Bビジネス 作成日:2020年10月21日

ワイズシステムは、ビジネスチャット「Chatwork」をプラットフォームとした「リモートワークソリューション」の提供を始めました。

ワイズコンサルティング グループ(本社:中華民国台北市、代表取締役:吉本康志)で台湾の日系企業向けにクラウドサービスの開発と販売を手がけるワイズシステムは、ビジネスチャット「Chatwork」をプラットフォームとして独自のBot(自動実行プログラム)活用によるビジネスソリューションの第2弾「リモートワークソリューション」の提供を開始いたしました。

【リモートワークソリューションとは?】
リモートワークでは、例えば社員同士のコミュニケーションや情報共有がスムーズに行えない、出退勤管理や報連相が疎かになる、という不便さがあります。
そこで「Chatwork」を使ってスマホやパソコンで在宅での勤怠管理、コミュニケーション、業務依頼と報告、ファイル共有を行なえるソリューションをご用意いたしました。


【主な機能】
①勤怠管理Bot
出退勤の打刻がチャット上でおこなえ、勤怠シートへ自動的に記録されます。同時に位置情報を記録することも出来ます。
出退勤状況が上司にはリアルタイムに通知されます。
②コミュニケーション
個人チャット、グループチャット、ビデオ通話を使って円滑に行えます。
③タスク
1人から複数の相手に同時に業務の依頼を与えることができます。適時進捗を記録したり、ボタン1つで完了報告を行えます。
④ファイル共有
グループチャットへファイルを保管すれば参加者全員に共有されます。クラウド上へ保管されますので、必要なときに取り出すことが出来ます。

【ご提供価格】
初期導入費:40,000元(税別)
年間利用料:  3,100元(税別)

同時にChatworkエンタープライズプランへのお申込みが必要となります。
Chatwork年間利用料:1ユーザー当たり3,100元(税別)

ワイズコンサルティング グループは、Chatworkの正規代理店です。

【お問い合わせ先】
ワイズコンサルティング 宇都宮
TEL:02−2381-9711
e-mail:info@ys-consulting.com

 

威志資訊系統股份有限公司(ワイズシステム)