「巣ごもり」でも成長する?台湾オンラインゲーム業界


2009年4月28日0:00  リサーチ 台湾事情

「巣ごもり」でも成長する?台湾オンラインゲーム業界

記事番号:T00015023

以下は2009年4月に公開した「台湾のオンラインゲーム業界(1)(2)」を編集したものです。


 リーマン・ショック以降の景気停滞の中、「巣ごもり」と呼ばれる、外出や支出を控えた生活スタイルを採る人々が増えているという。こんな中にあっても着実な成長が期待できる業界が、オンラインゲームだ。時間はかかるがお金はあまりかからないオンラインゲームは、「巣ごもり」する人々にぴったりな娯楽である。台湾におけるオンラインゲーム市場や主要企業を概観してみよう。

 台湾のオンラインゲーム市場の幕は1999年、雷爵網絡(Lager Network Technologies Inc.)によって開けられた。同社のオンラインゲーム「萬王之王」が人気を博したのだ。2004年ころから金額ベースの市場の伸び率は一桁に落ち着いたが、それでも伸び続けている(図1)。ゲーム業者のビジネルモデルの変更が好影響を与えたからだ。

 具体的には、2006年ころからユーザーに毎月ゲームの利用料を払ってもらうのでは

なく、ゲーム中のアイテムを買ったときに料金をとるようにした。こうした月額課金からアイテム課金への移行は、ユーザー数を大いに増やした。2008年、台湾におけるオンラインゲームのユーザー数は前年比

10%増の498万人となった。調査会社のIDCは、2010年までに720万人に増えるという。

MMOGが圧倒的に人気

 オンラインゲームは3種類に大別できる。第1は、MMOG(Massive Multiplayer Online Game)。数百人から数千人が同時にプレイするゲームである。第2は、Web Game。ゲームソフトをインストールせずに、ブラウザと若干のプラグインソフトで利用できる。第3は、LAN Party。人々がコンピュータを持ち寄り、お互いをLANに接続してプレイするゲームである。

 資訊工業策進会・市場情報中心によると、このうちMMOGは、オンラインゲームの93.7%のユーザーを集めている。Web Gameは31.5%、LAN Partyが17.5%だ(表1)。MMOGを細かく分類すると、最も人気が高いのはRPGをMMOG化したMMORPGである(図2)。ゲームの運営企業が構築した仮想世界で、ユーザーは他のプレーヤーと冒険を同時に楽しめる。一般的なゲームと比べて、他のプレーヤーとのコミュニケーションを楽しむ要素が強い。

4つの階層を経てサービスを提供

 台湾のオンラインゲーム業界は、ソフト開発と出荷、販売代理、ソフト流通の4つの主体から構成されている(図3・下図)。主な企業は表2の通りである。

表2 オンラインゲームを担う主な企業

ソフト開発と出荷 中華網龍(Softworldの子会社)、雷爵、華義、宇峻奧汀、戯谷
販売代理 遊戯新幹線、遊戯橘子、華義、智凡迪、網禅、因思鋭、吉恩立、網竣、雲起、雷爵、戯谷、茂為、猿人在線、依斯楚
ソフト流通 Softworld(SF)、遊戯橘子(GM)、華義、雷爵

 ただし、ソフト開発企業が自ら開発したゲームは、全体の3割程度である。そうでないゲームの大半は韓国企業のものだ。ごく一部中国、日本、米国のゲームもプレイされている。なお、ソフト開発企業は一般に自ら出荷を取り仕切るが、それを他社に販売を委託する中小企業もある。

 台湾には70社余りのオンラインゲーム会社があり、そのうち8社が株式を公開している。そのうち上位5社が市場の8割を握る。オンラインゲームの売上高ランキングは、1位Softworld(ソフトワールド、智冠)、2位Gamania(ゲマニア、遊戯橘子)、3位Chinese gamer(中華網龍)、4位IGS(鈊象電子)、5位WAYI(華義国際)となっている(図4・右図)。このほかに雷爵や茂為、伝奇、紅心辣椒など、株式を公開していないが売上高が1億台湾元以上の企業が存在する。

<Softworld>優良子会社を保有

 台湾最大のオンラインゲーム業者のSoftworldは、1983年にソフトの卸から事業を始めた。2001年に台湾証券取引所に上場し、現在はオンラインゲームの流通業者として、子会社が販売代理および開発するゲームのマーケティングを中心に事業を展開している。傘下の主な子会社には中華網龍(52%出資)、遊戯新幹線(100%出資)、智凡迪(70%出資)の3社がある(図5・右下図)。

 この中でも中華網龍は、オンラインゲームの開発分野において業界トップ企業である。中華網龍の収入源は2種類で、自社開発ゲームおよび海外ゲームの販売代理によるユーザー課金収入と受託開発による収入である。ユーザー課金による収入は収益全体の7-8割を占め、中華網龍の強固な収益基盤となっている。中華網龍は、新発想のゲームが次々に生み出すと評されている。

 遊戯新幹線と智凡迪は、バリューチェーンの川中に当たる販売業務を担当している。遊戯新幹線はグループ内のほとんどのゲームの販売を担当し、智凡迪は米国製ゲーム「魔獣世界」のみを担当している。「魔獣世界」は世界全体の会員数が1150万人を超えた大ヒットゲームだ。智凡迪は、米国の権利を持つ会社とSoftworldによる合弁会社として設立された。

 バリューチェーンの川下に当たる親会社のSoftworldでは、流通業者としての決済プラットフォームの構築、異業種との積極的な提携によるマーケットの拡大に取り組んでいる。「My Card」というオンライン決済システムにより、販売コストを低減してもいる。

<Gamania>韓国製ゲームで成長

 Gamaniaは、現在台湾2位のオンラインゲーム企業である。1995年に設立され、現在33種類のゲームを手掛ける。同社はメディアを通じた広報・宣伝を重視しており、ゲーム雑誌やテレビ番組、ゲームのポータルサイトを制作している。同社のゲームのほとんどは、韓国メーカー製である。自社開発のゲームも持つものの、開発力が弱い。このため北京と韓国の子会社にソフト開発をさせる計画もある。

 主な収益は、韓国最大のオンラインゲーム業者nc softの「天堂」の販売代理である。天堂の平均同時アクセス数は14万人。毎月約8000万元を売り上げ、全社売上高の40%を占めている。もう一つの「楓之谷」も

毎月7000万-8000万元を売り上げ、この2つのタイトルで全社売上高の8割程度を占めている。

 Gamaniaは傘下に子会社8社を持つ。「台湾易吉網」は、中国製の侠客(きょうかく)系ゲームおよび音楽系ゲームの販売と運営を行う。「飛魚数位」は、オンラインゲームのデザインと開発が主要業務となる。海外子会社の「日本橘子」「香港橘子」「北京橘子」「韓国橘子」は、現地の販売およびマーケティング活動を展開している。

 SoftworldとGamaniaにおける売上高経常利益率は10~20%と、デジタル・コンテンツ企業としては高くない(図6)。この課題の克服は、Gamaniaの方が難しい。ゲームの調達を社外に頼っているためだ。そこでGamaniaは中国市場に再挑戦し、ユーザー数を増やすことによって経営効率を高める考えである。

陳 逸如

陳 逸如

シニアコンサルタント

2006年にワイズコンサルティングに入社。コンサルティング、リサーチ、研修、セミナーで活躍。きめ細やかな心配りと、論理的思考力にはファンも多い。経営全般、マーケティング、人事労務のコンサルタントとして活躍している。ワイズリサーチ総経理。

Y'sの業界レポート

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。