台湾事情


リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月14日

機械業界 工作機械
2021年台湾工作機械産業の展望

一、産業概況  工業技術研究院(工研院)の産業科技国際策略発展所は「2021年機械産業発展トレンドフォーラム」で、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けて各国が封鎖措置などを実施したことが需給に打 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月14日

機械業界 工作機械
工作機械メーカー  建徳工業(KENT INDUSTRIAL)

一、企業概要  建徳工業は工作機械メーカーの老舗で54年の歴史を持ち、自社ブランドの「KENT」を海外及び台湾市場で展開しており、業界で高い評価を得ている。主要海外市場は▽米国▽日本▽イタリア▽ドイ …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月14日

機械業界 エネルギー
RCEP発効の台湾洋上風力発電産業に対する分析

 2018年1月18日、台湾政府は洋上風力発電産業の発展方針と政策を発表した。また「洋上風力発電所の装置容量の配分・作業ポイント」に合わせて、台湾当産業のサプライチェーンの構築を推進してきた。現在、台 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月14日

機械業界 機械設備・部品
台湾プラスチック・ゴム加工機械設備製造業の振り返りと今後の展望

一、産業概況  プラスチック・ゴム加工機械は▽建築材料▽梱包▽農業▽輸送用機器▽石油化学▽機械設備▽電子製品▽電子▽情報通信▽軽工業などの産業で幅広く使用されている。2020年は新型コロナウイルス感 …… 続きを読む

コラム 台湾事情 作成日:2021年1月14日

ワイズ杯ゴルフレポート
第132回大会 台湾ゴルフも新年はやはり目標設定です/台湾

 新年おめでとうございます。皆さま、打ち初めはお済みでしょうか?こんにちは、ワイズコンサルティング佐藤でございます。年初でございますので、ビジネス面に加え、ゴルフに関する本年の目標を設定いたしました。 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月7日

機械業界 自動化・ロボット
台湾産業用ロボット製造業の概況

一、概況  2020年9月24日、国際ロボット連盟(IFR)が公開した「World Robotics Report 2020」の分析報告によると、19年に世界で稼働中の産業用ロボットは約27 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月7日

機械業界 機械設備・部品
研削部品メーカー 中国砂輪(KINIK COMPANY)

一、企業概要  中国砂輪(KINIKCOMPANY)は60年以上の製造経験を有し、生産規模、生産技術、製品の種類及び顧客数で業界1位のリーダー的なメーカーである。ローエンドからハイエンド …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月7日

機械業界 エネルギー
台湾再生可能エネルギー貯蔵産業の発展状況

一、産業の発展状況  エネルギー産業の転換が世界的に進む中、再生可能エネルギーは設備が増加し、普及しつつある。しかしながら、太陽光発電や風力発電による電力は供給が不安定であるため、貯蔵 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2021年1月7日

機械業界 製造業全般
2021年の台湾経済の動向予測

一、概況  中華経済研究院(中経院)は12月18日に開催した2021年経済展望フォーラムで、20年は新型コロナウイルス感染症の流行が世界各国に拡大したものの、台湾は早期に対処したため、経済活動へ …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年12月31日

機械業界 製造業全般
2021年の台湾製造業の動向予測

一、製造業の景気予測  工業技術研究院(工研院)は、2021年の台湾製造業の生産額は19兆6,800億台湾元で前年比4.75%増と予測している。このうち▽金属機電▽情報電子▽化学工業▽消費工業の4 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。