台湾事情


セミナー マーケティング 台湾事情 その他 作成日:2020年1月22日

オープンセミナー 台湾人幹部
【2020年2月24日開催】台湾人マーケッター、ワンストップ育成セミナー

本セミナーでは、参加者は「成果物」として「顧客リスト」「マーケティングプラン」「情報セキュリティセルフ診断」を作成します! 【第1講】 〜情報収集のプロ、リサーチャーが指南!〜  …… 続きを読む

コラム 台湾事情 作成日:2020年1月17日

台湾流経営策略
第162回 路易莎咖啡創業者 黄銘賢氏

 路易莎咖啡(ルイサコーヒー)は2019年12月現在、台湾全土に489店舗を展開するコーヒーチェーン最大手です。直営店とフランチャイズ加盟店の比率は約1対3.5です。  台湾人が1年間にテークア …… 続きを読む

コラム 台湾事情 作成日:2020年1月9日

ワイズ杯ゴルフレポート
73話 第120回大会 優勝は新兵器?それとも…

 読者の皆さま、新年快楽!本年も本コーナーをお引き立ていただきたく、何とぞよろしくお願いいたします。  前回このコーナーで『ゴルフ冬対策』について書かせていただきました。その後の台湾では暖かな日 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 製造業全般
2020年の台湾製造業の景気動向予測

 工業技術研究院(工研院)経済趨勢研究センター(IEK)の短期トレンド予測(CQM)チームによれば、2020年の世界経済は米中貿易摩擦、日韓貿易摩擦、イギリスの欧州連合(EU)離脱問題などの影響で成長 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 機械設備・部品
タングステン鋼製精密カッターメーカー 「震虎精密科技」(SPEED TIGER)

 1998年に設立された震虎精密科技はタングステン鋼製精密カッター大手で、台湾初のコーティング処理フライスメーカーである。設立初期は業務の90%がOEM(相手先ブランドによる生産)製品だったが、200 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 技術応用
台湾従来型産業のスマート生産推進 とAI技術の応用

 世界的にも高い競争力が有する工業大国のドイツ、日本、米国などは、いずれも精密機械製造技術の基礎能力とスマート機械設備の開発能力を備えており、国内の自動車・バイク、航空宇宙、情報通信、光電、国防やエネ …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 機械設備・部品
台湾ゴム・プラスチック加工機械設備製造業の振り返りと今後の展望——2019年

一、産業概況  台湾市場における需要減少と海外受注の低迷を受けて、2019年通年の販売額は前年比13.29%減となる予測を示した。  ゴム・プラスチック加工機械設備の応用分野は広く、建設材料、包装 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 機械設備・部品
自動化生産設備メーカー「鈦昇科技」 (E&Rエンジニアリングコーポレーション)

一、企業概要  鈦昇科技は1994年に設立され、半導体パッケージングとフレキシブル基板(FPC)の自動化生産・レーザー加工設備、プラズマ洗浄装置の研究開発と生産を手がけている。半導体、発光ダイオード …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 製造業全般
医療器材産業の振り返りとトピックス ——2019年第3四半期

一、産業概況 1.診断・測定用医療器材  例年、第3四半期は需要期に当たるため、2019年第3四半期の診断・測定用医療器材の生産額は前期比9.2%増の20億1,000万台湾元となった。  診断・ …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 エネルギー
再生エネルギー産業の振り返りと 今後の展望——2019年第3四半期

一、産業概況  工業技術研究院(工研院)産業科技国際策略発展所(産科国際所、ISTI)の資料によると、2019年第3四半期の台湾再生エネルギーの生産額は198億1,000万台湾元で前期比17.4%減 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。