台湾事情

 台湾の裁判所は、民事事件と刑事事件を審理する裁判所、および行政事件を審理する行政裁判所に分かれている。  日本の裁判所システムと異なるところは、独立した行政裁判所があることである。行政機関によ ……
一、2016年第4四半期メーカー動向 
1.日本工作機械メーカー 次世代自動車部品用加工設備を開発 
  2016年日本工作機械産業受注数は15年と比べて、約20%減の減少幅を示した。特にスマート ……
 30年以上の歴史を持つ銓宝工業(Chum Power)はPET成形機メーカーとして知られているが、元々銓宝工業は設立初期ミーリングチャックを研究開発・製造するメーカーであった。中国が1990年から開 ……
一、産業全体動向  2016年に入ってから、人民元安に加え、中国経済鈍化および中国の輸入代替政策の継続により、台湾工作機械産業の輸出に打撃を与えた。また、米国製造業不景気の影響で、メーカーの設備投資 ……
一、2016年概況 
1.産業全体
  工業技術研究院(工研院)産業経済趨勢研究センター(IEK)の資料によると、台湾新興エネルギー産業の2016年第4四半期の生産額は前期比2.8%増の360億9 ……
〜情報漏えい、労働争議、与信、BCP…〜 経営者のリスクマネジメントのやり方    「自分の会社は大丈夫?」 他社のニュースを見てふと思ったことはありませんか? 今回の弊 ……
 経済部は本年(2017年)2月14日、会社の経営の柔軟性を高めるとともに、新規事業のニーズを満たすために、現行の会社法の条文を段階的に大幅に改正すると公表した。改正の方針は以下の通りである。 ……
一、2016年産業概況 
  第4四半期は自動車産業需要期であり、2016年第4四半期台湾自動車産業の内需市場は中古車買替政策および新車の販促キャンペーンの恩恵を受けて、販売額は増加して生産額の成長 ……
 2017年の世界機械部品市場は、欧米、日本市場においては航空・宇宙産業、エネルギー産業、自動車産業の成長が工作機械および部品需要を後押しするとみられるが、中国市場は昨年からの景気の谷底状態が今年も続 ……
一、産業概況  台湾医療器材産業の生産額は、2016年が前年比7.1%増の1,009億台湾元、17年も16年からの成長傾向が続き、同6.1%増の1,070億台湾元となる見通しである。 
  201 ……
1 to 10 of 2024.