再生可能エネルギーの発展は、台湾の未来にとって重要な施策のひとつである。スマートグリッドと蓄電システムによって整った創エネ・蓄エネ・省エネ体制を構築し、大規模な再生可能エネルギーのスムーズな供給とよ ……
一、企業紹介  晟田科技工業(マグネート・テクノロジー)は台湾の航空機部品メーカーのうち、ボーイングの認証を取得している少数のメーカーである。同社は航空機の降着装置部品、エンジン部品の生産を主要業務 ……
 現在、台湾政府が推進している「5+2産業イノベーション」計画は、テクノロジーの研究開発と産業の発展のみならず、産業政策の概念そのものの変革を推進するものだ。この変革を理解しなければ、それに従った産業 ……
一、2018年製造業景気予測  最近の世界経済動向から見ると、世界景気は回復傾向を継続し、各原材料主要輸出国の輸出額は安定な成長を示している。そのため、原材料価格は継続的に成長し、それに伴い2018 ……
一、はじめに  近年、世界の工業技術が加速度的に進歩する中、先進諸国は既存市場を維持し、高齢化と労働力不足の問題を解決するためにさまざまな政策を打ち出している。例えば優れた製造技術と自動化技術を有す ……
一、企業紹介  崧騰企業(SOLTEAM)は電源コンセント、電源スイッチおよびVVVFインバータ制御装置(Variable Voltage. Variable Frequency)の研究開発、製造販 ……
 2012年9月、台湾で「智慧電網(スマートグリッド)総体規画方案」計画が通過した。当計画の目的は、スマートグリッドの導入により既存設備・システムの淘汰および改善を進めて電力供給の安定性を確保すること ……
一、バイオマス発電の概況  台湾は2009年に「再生エネルギー発展条例」が施行され、翌年には25年までに再生可能エネルギー発電の設備容量を12,513メガワット(MW)に引き上げることが決定し、これ ……
 財政部関税総局の統計資料によると、2018年3月台湾工作機械の輸出額は前月比35.1%増の3億米ドルとなった。このうち、金属切削工作機械の輸出額は同33.8%増の2億5,400万台湾元で、金属成形工 ……
一、企業概要  宝一科技(エアロウィン)は1974年に設立され、主に航空機用エンジン部品を製造しているメーカーである。設立初期は板金金属部品を主要製品として、航空機アフターマーケットを主要市場として ……
1 to 10 of 751.