一、企業紹介  1967年に設立された東陽実業(TYGインダストリー)は初期、台湾市場の需要に合わせて自転車とバイク部品の生産、販売を主要業務としていた。その後、76年から自動車用プラスチック部品の ……
 インダストリー4.0ブームが到来し、科学技術産業は製造と管理のスマート化を推進している。従来型産業もまた変革の時を迎え、設備のスマート化、管理のデジタル化、商品の高付加価値化を実現するソリューション ……
 台湾は人口当たりのバイク保有台数で世界一である。同時にガソリンバイクの生産が盛んであり、バイク部品の自給率は95%を上回る。電動バイクとガソリンバイクは部品の多くが共通規格であるため、台湾電動バイク ……
 2019年1月4日、工業技術研究院(工研院)は経済部南台湾創新園区で約40項目の新技術を発表した。天然のような軟質サンゴの養殖技術や「R&D 100 Awards」を受賞したポータブルUVC LED ……
一、企業概要  1989年に設立された亜徳客国際グループ(エアタック)は設立初期、電磁バルブの生産を主要業務としていたが、現在は空気圧部品の生産、販売まで業務を展開し、主要製品は空気圧制御機器、空気 ……
一、企業概要  1965年3月に設立された正道工業(ライトウェイ インダストリアル)は最初日本のアート金属工業株式会社が技術提携して、自動車用ピストン部品を生産していた。また、73年から自動車伝動部 ……
 台湾電力設備製造業は主に▽重電・電線・ケーブル製造業▽照明設備・家電製造業▽バッテリー・その他電力設備製造業——の3つのカテゴリーに分けることができる。このうち、「重電・電線・ケーブル製造業」の生産 ……
一、産業動向 
 メーカーの投資意欲は好景気の時に高まり、不景気の時に冷え込む。このため、機械設備製造業は景気の変動による影響を受けやすい産業だといえる。また、台湾機械設備製造業の輸出比率は6割を超 ……
一、機械設備輸出概況  2018年通年台湾輸出総額は前年比4.9%増の10兆1,306億台湾元となり、17年の成長率と比べて成長幅は緩やかになった。このうち、台湾機械設備の輸出額は前年比6.1%増の ……
1 to 10 of 850.