2025年の「非核家園(原発ゼロ)」実現を目指す台湾は地方政府、台湾電力(台電、TPC)、民間企業が一丸となって太陽光発電の普及に取り組んでいる。この台湾全土を巻き込んだ発電ブームが、今後20年で2 ……
 社会の高齢化が進む中、福祉用具の需要が高まっている。国際連合の「世界人口予測・2017年改訂版」によると、2050年までに60歳以上の高齢者は全世界で17年の2倍に増加し、2100年には3倍に達する ……
一、企業概要  千附実業(CHENFULL)は1982年4月に設立された、高いエンジニアリング技術とコーディネート能力を有する企業である。半導体および光電産業における製造プロセスの管路システム設計と ……
◎需要が拡大しつつ中小型風力発電機  従来のエネルギー資源は残り少なくなり、原子力発電所は事故が懸念される。このような現状において、風力発電は新たなエネルギー源として世界中で奨励されるようになった。 ……
一、企業概要  亜洲光学(アジア・オプティカル)は1980年に設立され、初期は日本企業と技術提携して主に光学部品の加工を行っていた。その後、光学フィルム部品、レーザー光学製品の生産を開始し、2000 ……
◎2018年台北国際プラスチック・ゴム工業見本市が開催  2018年台北国際プラスチック・ゴム工業見本市(TAIPEI PLAS)と台北製靴機械見本市が8月15日から台北世界貿易センター(TWTC) ……
一、5ナノプロセスファブの建設状況  台湾の南部科学工業園区(南科)に設立された台湾積体電路製造(TSMC)のファブ18は同社第4の12インチギガファブで、最先端技術である5ナノプロセス生産を行う予 ……
一、企業概要  上緯国際投資控股(上緯控股、SWANCOR)は2016年に上緯企業が株式交換によって設立した会社で、新材料、炭素繊維複合材料および洋上風力発電を主要事業とする。上緯企業は設立初期、耐 ……
一、販売概況 ◎2018年1~4月の生産額と販売額は16年からの低迷を脱し、Q2は小幅成長の見通し  その他汎用機械設備製造業の製品は種類が多く応用範囲も広いため、販売状況は台湾および世界の経済成 ……
一、輸出概況  中国電子業が設備投資を拡大する中、台湾電子メーカー各社も中国での生産拠点設置を進めており、台湾電子・半導体生産設備製造業の対中国輸出が増加している。これに加えて日本やシンガポール、米 ……
1 to 10 of 776.