一、企業概要  1974年に設立された鉅祥企業(G−SHANK)は、当時の精密工業政策に合わせて金型の設計、製造と生産からスタートしたメーカーだ。当初、製品の90%は3C(コンピュータ、通信、家電) ……
 2017年に入って以降、工作機械産業は景気改善が続き、10~16年の低迷期を脱したように見えるが、過去の最盛期には及ばず、最終市場では現地の需要に合わせた製品づくりが重要課題となっている。また、自動 ……
 2016年末に在庫消化が完了し、台湾工作機械産業は昨年の停滞を脱却した。17年は好景気で受注も増加し、生産能力いっぱいの状況である。しかしインダストリー4.0が世界製造業を席巻する中、リニアガイドな ……
 プラスチック押出機メーカーの鼎坤塑膠機械(DING KUEN)は世界80以上の国・地域に製品を販売している。顧客サービスを充実するため、スマート化に向けた研究開発(R&D)に力を入れているほか、台湾 ……
一、企業紹介  茂迪(モテック・インダストリーズ)は太陽電池、太陽電池モジュール、太陽光発電システムの研究開発を行っている。高品質の製品とサービスを提供する同社は、現在世界トップ10位に入る太陽電池 ……
 「グランドチャレンジ(Grand Challenges)」とデジタル技術の応用が、産業の発展に衝撃と変革のきっかけをもたらしている。今後の経済発展は、いかに社会の未来像から産業と技術革新の方向性とニ ……
 ニューヨークの世界貿易センタービル跡地でのビル再建、自動車レース「フォーミュラ・ワン(F1)」のレーシングカー、飛行機の製造はある台湾メーカーのバンドソー(帯のこ盤)が陰で支えている。高聖精密機電( ……
 美萌科技(MEMデンタル・テクノロジー)の魏聡哲董事長は、歯科医療産業においてはインプラントと歯列矯正器の利益率が最も高いと指摘。同社は設立当初から歯列矯正器に集中して研究開発(R&D)を進めており ……
 樺欣機械工業(クラウン・マシナリー)が生産する機械設備の用途は広く、顧客の立場に立ったソリューションを提供している。同社は世界トップレベルの精密機械メーカーになれるよう、20年以上にわたって絶えず改 ……
 哈伯精密(ハーバー・プリサイズ)は設立当初、基本的な冷却技術を有する冷凍設備業者にすぎなかったが、許文憲董事長がここ30年で工作機械産業の発展と足並みをそろえて事業を拡大してきた結果、今では台湾最大 ……
1 to 10 of 701.