一、国内市場概況  2017年は世界景気の好転により、製造業は17年下半期から設備投資規模を拡大し、関連受注は18年から出荷されつつある。一方、中米の貿易摩擦の影響で、中国は対米貿易黒字を削減するた ……
一、産業概況  紡績、アパレルおよび皮革生産機械設備製造業は紡績業への設備提供を主要項目とし、輸出を中心とする産業である。また、中国および東南アジア諸国を主要輸出相手国(区域)としているため、中国や ……
一、産業概況  工作機械および半導体設備産業の好況に加え、直角座標ロボットの販売が好調の恩恵を受け、2018年1月台湾におけるリニアガイドの販売額は前年比96.05%増の22億200万台湾元となった ……
一、産業概況  台湾区工具機零組件工業同業公会(TMBA)によると、工作機械部品には、▽クランプ▽インデックステーブル、その他工作機械特殊付属品▽金属切削工作機械部品・付属品▽金属成形工作機械部品・ ……
一、2017年Q4の産業概況  2017年第4四半期、台湾医療器材産業の生産額は前期比0.4%増の262億5,000万台湾元であった。当産業最大の輸出品目であるコンタクトレンズが輸出額全体をけん引し ……
一、産業概況  2017年、世界経済の成長力は大きく回復し、製造業の投資意欲が高まった。米国製造業の国内回帰、中国の輸入拡大政策に加えて、17年は世界の貿易量も大幅に増加したことが、台湾専用機械設備 ……
●ダイレクトリクルーティングのきっかけ 吉 本:ここ10年間でに採用し残っているのはたった2名か... 社員A:前のオフィスに引っ越してから離職が増えました >_< 吉 本:前のオフ ……
一、産業の概況  台湾鉱山・建築機械設備製造業は台湾市場がメインであるが、近年は輸出も増加している。これは、海外へ移転、あるいは中国に生産拠点を設置した台湾川下業者が台湾製品を調達していることに加え ……
一、産業概況 1.2018年Q1の販売額は前年同期比で小幅成長  台湾木工機械設備製造業は国際木材価格の上昇を受けて、川下メーカーが設備の追加調達を進めている。一方、中国ではカスタムメイド家具市場 ……
一、市場の概況 1.2017年1~9月は世界的な景気回復を受けて、世界半導体生産設備業の販売額は前年同期比39.70%増  2017年以降、半導体製造業の景気は世界的に好転し、販売額も大きく増加し ……
1 to 10 of 355.