一、産業概況  2017年は中国における風力発電の新規設備容量が前年比で大きく減少したため、台湾当産業は中国への関連材料・部品の輸出額が落ち込み、生産額も縮小した。また台湾では、陸上風力発電市場がす ……
 台湾ポンプ・コンプレッサー・バルブ製造業の製品は6割が輸出されているため、台湾当産業の景気は世界経済の動向に強い影響を受ける。2018年の世界経済成長率は17年と同水準を維持し、とくに中国と米国から ……
一、産業概況  台湾動力工具製造業は電動工具、空気動工具(エアツール)および液圧工具を生産しており、主に国際大手ブランドのOEM(相手先ブランドによる生産)を行っている。欧米各国が主要市場で、輸出が ……
三陽工業と台湾中油が電動バイク開発でMOU締結  バイク大手の三陽工業(SYM)は12月18日、台湾中油(CPC)と電動バイクおよび充電システムの開発・応用について提携覚書(MOU)を交わした。CP ……
◎輸出  工作機械部品には、▽ワークホルダー▽割出台・その他工作機械部品▽金属切削工作機械部品▽金属成形工作機械部品▽ボールねじ▽リニアガイド——などが含まれる。台湾区工具機零組件工業同業公会(TM ……
一、市場概況 1.2018年Q1~3、ノートPCは出荷が安定して成長したがスマートフォンとタブレットPCなどは低迷、3C電池メーカーの業績にばらつき  新興市場では低価格のインターネットサービスや ……
一、産業概況  2018年4月頃から台湾元安が続き、プラスチック・ゴム加工機械設備の輸出に追い風となったが、米国が多数の中国製品に対して制裁関税を発動したことから人民元が下落した。プラスチック射出成 ……
プラスチック・ゴム加工機械設備製造業の製品は建築材料、包装、農業、輸送機械、石油化学、機械、電子情報および軽工業などの分野で広く応用されている。 一、産業概況 ◎2018年は原油価格の上昇が続 ……
一、産業概況  例年、第3四半期は手動工具産業の需要期であることから、生産額と輸出入額は第2四半期を上回ることが多い。  2018年は主要国家の経済が回復し、世界の製造業も好況を迎えた。このため、 ……
一、市場概況  2018年に入ってから台湾経済は好転し、製造業生産指数と輸出受注数が成長傾向を示している。また米中貿易戦争の影響を受けて、一部の台湾メーカーが中国から台湾への工場移転を検討するように ……
1 to 10 of 428.