一、市場概況  2019年第1四半期、台湾手工具産業の生産額は173億台湾元で前期比2%減となった。また、輸出額は146億2,000万台湾元で同9.4%減、輸入額は9億3,000万台湾元で同9.5% ……
 2019年に入ってから、米中貿易摩擦の影響で台湾経済の成長は鈍化した。しかし、台湾メーカーのUターン投資によって自動化設備の需要は増加している。また、政府の大型インフラ整備計画「前瞻基礎建設計画」が ……
一、産業概況  2018年以降、3C製品(コンピューター、通信、家電)の販売が落ち込んでいる。とくにスマートフォン市場は飽和状態になりつつあるため、大手メーカーの販売額が低迷しており、メーカーの設備 ……
一、市場概況  2017年以降、世界経済が回復して機械産業の受注は増加した。またインダストリー4.0やスマート製造の普及、そして物流産業の成長に伴い、スマート化・自動化設備の需要が拡大した。このほか ……
 中国などの主要市場で電気自動車(EV)の需要が増加しており、EVカー用バッテリーの販売が伸びている。エネルギー業界の市場調査機関・SNEリサーチの統計資料によると、大手メーカーによるEVカー用バッテ ……
一、産業概況  2019年第1四半期、台湾ファスナー産業の生産額は381億台湾元で前期比6.6%減、前年同期比4.7%増だった。19年1月は米国市場が好調だったため、対米国輸出量は7万1,000トン ……
一、産業概況  2019年第1四半期、台湾金型産業の生産額は前年同期比10.6%と大幅減少した。これはプレス金型の生産額が同24.5%、プラスチック成型金型の生産額も同14.6%減少したことが原因だ ……
一、産業概況 
 2019年第1四半期、台湾機械産業の生産額は2,257億台湾元で前期比17.1%減、前年同期比7.0%減であった。各カテゴリーのうち、建設機械の生産額のみが成長を維持して前期比3. ……
一、主要メーカーの業績  2018年は工作機械市場が世界的に好調であったため、大多数の台湾工作機械メーカーの連結売上高は前年比で成長した。しかし、18年7月から激化した米中貿易摩擦の影響を受けて、中 ……
一、産業概況  2019年第1四半期、台湾鉄鋼産業の生産額は前期比4.1%減の3,070億台湾元となった。輸出額は同0.8%増の1,406億台湾元で、熱間圧延鋼コイル、冷間圧延ステンレス、亜鉛めっき ……
1 to 10 of 479.