2018年の台湾ねじ・ナット産業の生産額と輸出額は過去最高となる見通し  世界市場で台湾は「ねじ王国」と呼ばれている。台湾のねじ・ナット製品は高い品質と迅速な納品で、世界のサプライチェーンにおいて一 ……
一、海外市場の動向  2018年上半期は世界経済が成長を維持し、とくに米国経済は安定して伸びていた。2018年1~7月、米国は繊維製品の輸入が大きく増加し、これが世界繊維業の景気を押し上げた。しかし ……
一、生産額と販売額 2018年1~8月の生産額は前年同期比1.26%減、販売額は同0.76%減で、Q3は減少幅がさらに拡大する見通し  台湾木工機械設備製造業は輸出がメインで、米国を最大市場として ……
一、産業概況  台湾繊維産業は、川上の繊維業、紡績業、紡織業と川下のアパレル・服飾業に分かれる。川上産業は中国および東南アジアを、川下産業は米国を主要市場としている。  2018年1〜7月は化学繊維 ……
一、台湾製造業輸出概況  2018年1〜9月台湾製造業の輸出額は前年同期(17年1〜9月期)比5.8%増の7兆4,802億台湾元となった。このうち▽情報通信および映像・音響機器(輸出額7,584億台 ……
一、産業概況  台湾ゴム・プラスチック加工用機械製造業の製品は、▽ゴム・プラスチック射出成形機▽ゴム・プラスチック押出機▽その他ゴム・プラスチック機械と部品――に大きく分類される。ゴム・プラスチック ……
一、生産額と販売額 1.2018年1~7月の生産額は前年同期比9.48%増、販売額は同10.12%増、Q3は成長幅が緩やかになる見通し  当産業のポンプとバルブは主に石油化学産業と水利産業で使用さ ……
一、産業概況  2018年に入ってから台湾では不動産業の景気低迷が続いているものの、行政院主計総処の統計資料によると18年上半期の名目固定資本形成は前年同期比2.04%増となった。また、蔡英文政権が ……
台湾の発電、送電、配電機械設備業は、▽発電・配電設備と専用変圧器▽電動機▽発電機▽大電流制御スイッチと配電盤▽継電器と工業用電力制御設備――などを生産する産業である。 一、市場概況 1.201 ……
 工作機械は大まかに金属切削工作機械および金属成形工作機械の2つに分けることができる。また、金属切削工作機械は▽放電加工、レーザー加工、超音波工作機械▽マシニングセンター▽旋盤▽ボール盤、フライス盤、 ……
1 to 10 of 413.