マーケティング


リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年9月17日

機械業界 エネルギー
2020年第1四半期の台湾再生エネルギー産業の振り返りと今後の展望——燃料電池

一、産業概況  米国は2018年2月より燃料電池の投資税減免政策を再開し、期限は2021年までとした。また、20年より燃料電池の投資税減免の割合が19年の30%から26%に引き下げられることに先立ち …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年9月17日

機械業界 自動車・二輪車
台湾自動車・バイク産業の振り返りと今後の展望——2020年第2四半期

一、産業概況 自動車完成車産業  例年、第2四半期は自動車完成車産業の需要期である。今年は中古車の買い替え補助政策の最終年度に当たるため、駆け込み需要が増加したものの、新型コロナウイルスの感染拡大 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年9月17日

機械業界 製造業全般
台湾ファスナー産業の振り返りと今後の展望——2020年第2四半期

一、産業概況  2020年第2四半期、台湾ファスナー産業の生産額は293億3,000万台湾元で前期比14.7%減、前年同期比24.8%減となった。また、輸出額は272億8,000万台湾元で前期比14 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年9月3日

機械業界 機械設備・部品
台湾食品、飲料及びタバコ生産設備製造業の振り返りと今後の展望——2020年上半期

一、産業概況  2020年、中国で発生した新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大した。各国政府が都市封鎖やソーシャルディスタンス(社会的距離)などの措置を実施し、消費者の外出意欲が低下したことから、 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年9月3日

機械業界 電子・半導体
台湾電子・半導体生産機械設備製造業のメーカー動向と今後の展望——2020年上半期

 2020年に入ってから、米中両国間のハイテク冷戦はエスカレートしつつある。とくに、20年5月15日、米国商務省が中国の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止を強化し、米国技術を利用した非米国半導体 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年8月20日

機械業界 機械設備・部品
台湾工作機械部品の輸出入状況速報——2020年上半期

 2020年上半期の台湾工作機械部品の輸出については、新型コロナウィルスの感染が世界中に蔓延した影響で、工作機械の関連需要は大きく減少し、連帯的に工作機械部品の需要に影響を及ぼした。このため、ほとんど …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年8月20日

機械業界 工作機械
台湾工作機械産業の振り返りと今後の展望——2020年上半期

一、産業概況  2020年1月、米中両国が貿易協議の合意に達したことから、台湾工作機械産業の景気は早ければ第2四半期末に不況を脱するとみられたが、春節(旧正月)後の新型コロナウイルス感染拡大によって …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年8月13日

機械業界 機械設備・部品
発電・送電・配電機械製造業の振り返りとメーカー動向

一、産業概況  新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、電力設備の設置工事が遅延したことから、2020年第1四半期の台湾発電・送電・配電機械製造業の生産額は前年同期比3.01%減、販売額は同0.29% …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年8月13日

機械業界 機械設備・部品
台湾機械伝動設備製造業のメーカー動向

一、産業概況  機械伝動設備には▽ベアリング▽ギア▽ギアボックス(減速機)▽ボールねじ▽リニアガイドおよびその他機械伝動設備・部品──などが含まれ、機械設備に幅広く応用されている。  過去、台湾機 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 作成日:2020年8月6日

機械業界 機械設備・部品
【ワイズリサーチ】台湾専用機械製造業の動向と今後の展望

一、産業概況  2020年1月、米国と中国が貿易協商について初歩的な合意を達成したため、米中貿易摩擦は緩和するとみられ、世界製造業の投資意欲は回復し、設備投資支出が増加したことから、台湾専用機械製造 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。