一、産業概況  世界経済の不安定な状況が続く中、米中貿易摩擦が長期化している影響で、台湾ファスナー産業の輸出受注は予測を下回っている。2019年第2四半期、米中貿易摩擦と2020年東京オリンピックの ……
 保護貿易主義の高まりに加えて、米中貿易摩擦の激化と英国の欧州連合(EU)離脱などの不確定要素の影響によって世界景気は低迷しており、市場は保守的な姿勢を示している。一方、輸出産業のメーカーは追加関税に ……
一、産業概況  2019年第2四半期の台湾機械設備製造業の生産額は2,462億5,000万台湾元で、前年同期比9.0%減となった。カテゴリー別に見ると、生産額が成長したのは▽輸送・運搬機械(同4.1 ……
一、産業概況  台湾その他汎用機械設備製造業の製品は種類が多く、応用分野が広い。2016年以降、当産業は景気低迷が続き、とくに19年は米中貿易摩擦の影響を受けて海外からの受注減少が目立っている。なか ……
一、第2四半期の概況 
1.産業概況  2019年第2四半期の台湾手動工具産業の生産額は195億6,000万台湾元で前期比14%増となった。輸出額は182億7,000万台湾元で同16.1%増、輸入 ……
一、産業概況  台湾その他未分類専用機械設備製造業は輸出産業であり、中国を最大の輸出市場とする。米中貿易摩擦の影響で中国では経済成長が鈍化し、多くのメーカーが生産拠点を中国からその他地域に移転させた ……
 台湾自動車産業は内需規模が小さく、台湾市場の成長鈍化や生産過剰などの問題がある。また、各国・地域が自由貿易協定(FTA)締結を進める中、台湾の自動車部品産業が受ける打撃は自動車完成車産業よりはるかに ……
一、産業概況  米中貿易摩擦は世界経済と貿易に大きな打撃を与えただけでなく、各産業のサプライチェーンに変化をもたらした。とくに電子メーカーは米国が中国製品に対して発動した制裁関税による影響を懸念し、 ……
一、主要メーカー概況 
 一部の重電機器製品の出荷状況は予測を下回ったものの、メーカーが入札案件および工事収入を計上したため、2019年上半期の主要メーカーの連結売上高は前年同期比で成長した。また、 ……
……
1 to 10 of 496.