一、産業概況  水回り金物とは、▽蛇口▽バルブ▽コック▽水道メーター▽スプリンクラー▽金属製衛生設備とその部品(流し台、洗面器、バスタブとその部品)――などを指す。  台湾の水回り金物産業は製造を ……
一、産業概況  2015〜17年の間、台湾経済の安定した成長に加えてメーカーの技術向上や台湾および海外市場での需要増加によって、台湾事務機械設備製造業の販売額は成長傾向を維持していた。しかし、18年 ……
一、産業概況  コンタクトレンズ、電動車椅子、ハイエンドカテーテルなどの輸出が好調だったため、2018年第2四半期の台湾医療器具産業の生産額は前年同期比6.7%増の278億6,000万台湾元となった ……
一、産業概況 8月の中・南部における豪雨の影響でエアコン需要が低迷、2018年Q3の生産額と販売額は前年比横ばいとなる見通し  2018年上半期、台湾不動産市場の成長は緩やかとなったが、一部の地方 ……
一、産業概況 1.自動車完成車  例年第2四半期は自動車市場の需要期にあたる。2018年第2四半期は輸入車の販売が伸びているが、トヨタの「ヴィオス」と「ヤリス」のモデルチェンジ車が好調であった。こ ……
一、市場概況 1.2018年に入ってから米国不動産市場が低迷、台湾当産業の対米輸出にかげり  米国は台湾木工機械製造業にとって主要市場のひとつであるため、米国不動産市場の景気は台湾当産業の輸出成長 ……
一、産業概況  2018年第2四半期の台湾ファスナー産業の生産額は380億台湾元で前期比4.4%増、前年同期比9.5%増となった。輸出額は353億台湾元で前期比4.4%増、前年同期比9.6%増であっ ……
一、産業概況  2018年第2四半期の台湾手動工具産業の生産額は174億7,000万台湾元で前期比8.9%増であった。輸出額は158億8,000万台湾元で同7.5%増、輸入額は11億1,000万台湾 ……
一、市場概況  台湾の紡績業は低迷が続いている。2014年から17年にかけて生産額は毎年減少しており、18年1~5月は回復がみられたものの、前年同期比1.38%増と小幅成長にとどまった。また、18年 ……
一、産業概況  2018年第2四半期の台湾金型産業の生産額は133億台湾元で、前期比1.3%減、前年同期比2.8%増となる見通しだ。台湾市場における需要は前期比3.2%増、前年同期比5.8%減の98 ……
1 to 10 of 388.