マーケティング


リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 製造業全般
2020年の台湾製造業の景気動向予測

 工業技術研究院(工研院)経済趨勢研究センター(IEK)の短期トレンド予測(CQM)チームによれば、2020年の世界経済は米中貿易摩擦、日韓貿易摩擦、イギリスの欧州連合(EU)離脱問題などの影響で成長 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月9日

機械業界 機械設備・部品
台湾ゴム・プラスチック加工機械設備製造業の振り返りと今後の展望——2019年

一、産業概況  台湾市場における需要減少と海外受注の低迷を受けて、2019年通年の販売額は前年比13.29%減となる予測を示した。  ゴム・プラスチック加工機械設備の応用分野は広く、建設材料、包装 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 製造業全般
医療器材産業の振り返りとトピックス ——2019年第3四半期

一、産業概況 1.診断・測定用医療器材  例年、第3四半期は需要期に当たるため、2019年第3四半期の診断・測定用医療器材の生産額は前期比9.2%増の20億1,000万台湾元となった。  診断・ …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 エネルギー
再生エネルギー産業の振り返りと 今後の展望——2019年第3四半期

一、産業概況  工業技術研究院(工研院)産業科技国際策略発展所(産科国際所、ISTI)の資料によると、2019年第3四半期の台湾再生エネルギーの生産額は198億1,000万台湾元で前期比17.4%減 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月2日

機械業界 手動工具
手動工具産業の振り返りと今後の展望——2019年 第3四半期

一、産業概況  2019年第3四半期の台湾手工具産業の生産額は前期比1.0%増の185億6,000万台湾元、輸出額は同5.4%増の186億2,000万台湾元、輸入額は同24.4%増の13億7,000 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2019年12月26日

機械業界 製造業全般
鉄鋼産業の振り返りと今後の展望 ——2019年第3四半期

一、産業概況  2019年第3四半期の台湾鉄鋼産業の生産額は前期比0.2%減の2,908億台湾元だった。輸出額は同2.9%減の1,273億台湾元で、熱間圧延鋼板、冷間圧延ステンレス鋼板、冷間圧延鋼板 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2019年12月26日

機械業界 金型
金型産業の振り返りと今後の展望 ——2019年第3四半期

一、産業概況  2019年第3四半期の台湾金型産業の生産額は119億3,000万台湾元で前年同期比8.7%減となった。プレス加工用金型の生産額が同58.2%減、ダイカスト金型の生産額も同13.7%減 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2019年12月26日

機械業界 機械設備・部品
機械設備製造業の振り返り とトピック——2019年第3四半期

一、産業概況 1.ハイテク生産設備  川下産業の不景気を受けて、2019年第3四半期のハイテク生産設備の生産額は前期比2.5%減、前年同期比13.4%減の400億5,000万台湾元となった。世界 …… 続きを読む

リサーチ 経営 マーケティング 機械ジャーナル会員 作成日:2019年12月12日

機械業界 製造業全般
スマート製造 従来型産業に新しい風

一、変わる世界貿易 新技術の応用が鍵  世界貿易が変化する中、製造業が生産コストを抑えるために行ってきたグローバル生産は労働力、生産拠点、通信技術、エネルギー需要、そして各国の政策などの問題を抱 …… 続きを読む

リサーチ 経営 マーケティング 機械ジャーナル会員 作成日:2019年12月12日

機械業界 工作機械
CNCメーカー「亜イ機電」(AWEA)

一、企業概要  亜イ機電(イは山の下に威、AWEA)はコンピュータ数値制御(CNC)工作機械メーカーで、主に金属切削機械を製造している。各種基本加工と精密加工に不可欠な機械設備であり、航空宇宙、 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。