一、メーカーの業績概況  機械産業の景気低迷を受けて直得科技(CPC)と上銀科技の(ハイウィン・テクノロジーズ)の受注は大幅に減少しており、2019年1〜3月の連結売上高もそれぞれ前年同期比34.1 ……
一、主要メーカーの業績 
 2019年1〜3月は米中貿易摩擦の影響を受けたことから、連結売上高が減少した主要メーカー数が18年同期と比べて大きく増加した。
  電子業・半導体設備製造業のうち、半導 ……
一、産業概況  2018年は機械産業の景気回復によって、汎用機械設備に対する需要が拡大した。とくに産業用ロボット、ハイエンド機械設備、自動化設備などが好調だったため、台湾汎用機械設備製造業の受注は増 ……
一、産業概況  経済部主計総処の統計資料によると、2018年上半期、台湾の経済成長率は3%を超える水準を維持した。第3四半期に入ると、米中貿易摩擦の影響を受けて経済成長率は期毎に低下したが、中国から ……
一、産業概況 
 2018年上半期は国際原油価格が高騰して川下産業が在庫積み増しに動いたため、石油化学産業全体(石油・石炭製品製造業、化学材料製造業、化学製品製造業)の景気は好転した。また、政府がバ ……
 中国は「中国製造2025」を推進して、スマート製造の発展・応用による製造業の体質強化と競争力向上を目指しており、これが米中貿易摩擦を引き起こした原因のひとつだと考えられている。米国は中国製品に対して ……
一、産業概況  2017〜18年、台湾の不動産市場はプラス成長に転じて18年の室内内装業者と修繕業者の販売額は合計で前年比9.21%増となり、台湾木工機械設備製造業の内需は増加した。しかし、台湾当産 ……
一、産業概況 
 経済部統計処の資料によると、2018年の台湾における新規工場登記件数は前年より378件少ない4,514件となった。このうち、金属製品製造業と食品製造業での減少数が最も多く、その他産 ……
一、2018年の振り返り 
1.自動車完成車  2018年は自動車買い替えに対する貨物税(物品税)補助が実施されたことに加えて、台湾製人気車種のモデルチェンジが行われるなどプラス要素があった。しか ……
一、産業概況  2018年、台湾事務機械設備製造業は海外市場の需要が増加したものの、台湾市場の需要は低迷が続いた。これは米中貿易摩擦の影響によって、台湾企業の投資意欲が低下したためだ。また、経済部商 ……
1 to 10 of 464.