台湾事情

 ホテルで使用された未洗濯のシーツ、バスタオルなどを、信用調査会社が調査対象案件の証拠としてホテル業者に対し購入を申し出ましたが、これに応じたホテル業者は、シーツなどに付着した毛髪、唾液などは個人を識 ……
一、メーカーの業績概況  機械産業の景気低迷を受けて直得科技(CPC)と上銀科技の(ハイウィン・テクノロジーズ)の受注は大幅に減少しており、2019年1〜3月の連結売上高もそれぞれ前年同期比34.1 ……
一、企業概要  力山工業は1973年に設立され、電動工具の製造と販売を主要業務としてきた。その後、フィットネス機器およびその部品の製造と販売にも参入し、今では同社の主力製品のひとつとなっている。   ……
2018年の製造業上場・店頭公開メーカーの純売上高は前年比2.5%増 
 台湾上場・店頭公開各メーカーの財務資料によると、2018年の台湾製造業上場・店頭公開全メーカーの純売上高は前年比2.5%増の ……
一、主要メーカーの業績 
 2019年1〜3月は米中貿易摩擦の影響を受けたことから、連結売上高が減少した主要メーカー数が18年同期と比べて大きく増加した。
  電子業・半導体設備製造業のうち、半導 ……
 台湾の立法院(国会)は2019年5月初旬、刑法改正案を本会議で最終可決しました。今回の改正は最近20年で最も大幅なものと言えます。  今回の刑法改正で改正された条文(以下「新法」)のポイントは ……
 恒隆行貿易は、サイクロン式掃除機で知られる英国の家電大手ダイソンの台湾総代理店として、世界でもトップの販売規模を誇っています。売上高の6割近くを占めるダイソン部門は、導入から12年間、毎年5割の成長 ……
 国際原油価格は安定したものの、世界的に製造業の需要が低迷したことから台湾製造業も稼働率が落ち込み、2019年第1四半期の貿易額は予測を下回った。しかし、台湾市場では半導体設備の輸入額が4カ月連続でプ ……
台湾自動運転車産業の発展条件と分析 1.産業の発展条件 
(1)技術力: 自動運転車に関する技術は機械、車両、電子、電機、情報通信など幅広い分野を包括する。台湾の科学技術関連の特許件数は米国、日 ……
一、産業概況  2018年は機械産業の景気回復によって、汎用機械設備に対する需要が拡大した。とくに産業用ロボット、ハイエンド機械設備、自動化設備などが好調だったため、台湾汎用機械設備製造業の受注は増 ……
21 to 30 of 2671.