ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

《新型肺炎》接触者の隔離免除、隔離通知書は届かず/台湾


ニュース 社会 作成日:2022年5月17日_記事番号:T00102581

《新型肺炎》接触者の隔離免除、隔離通知書は届かず/台湾

 きょう17日から、新型コロナウイルス感染確認者と同居の濃厚接触者は、ワクチンを3回接種済みなら、3日間の外出制限「居家隔離」が免除され、条件付きで外出可能な7日間の「自主防疫」の措置を取る。中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)は16日、ワクチン3回接種済みでも居家隔離を選択すれば、隔離通知書を受け取ることができると説明した。17日付工商時報などが報じた。

 

/date/2022/05/17/07quarantine_2.jpg居家隔離の免除に伴い、3回目のワクチン接種率が上昇しそうだ(16日=中央社)

 感染者が濃厚接触者の情報を報告するシステムに、同居者はワクチン3回接種済みで、7日間の自主防疫措置を取るという欄が追加された。同居者が隔離通知書を受け取り、居家隔離を実施したい場合は、チェックを入れない。報告完了後は、24時間以内に一度だけ変更ができる。

 指揮センター疫情監測組の周志浩組長は、5月末に感染のピークとなり、6月末には下向くと予測し、すぐに規制を緩和することはないと述べた。

 

【セミナー情報です】

日本人向けワイズ経営塾、台湾新任編で、経営の基礎と、台湾のビジネス環境を学びませんか?経営者が知っておくべき法律や在台日系企業の給与事情もご紹介します。5月24日開講。

検索は「ワイズ、5月新任編」。

【セミナー情報の詳細はこちら】

https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/98053.html