知っておこう台湾法

ニュース記事検索

キーワードを選ぶ(複数可)
期間を指定する
クリア  クリア 
フリーワード検索
ニュースをまとめて聴く

最新のニュース

ニュース 法律 作成日:2021年10月25日

知っておこう台湾法
第400回 支払命令の強制執行の時効/台湾

 いわゆる「支払命令」とは、簡単に説明しますと、債権者から裁判所に申し立てが行われ、裁判所が審査を経て発した「債務者は金銭または財物を支払え」という命令のことを指します。  例えば、債務者・乙が …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年10月18日

知っておこう台湾法
第399回 交通違反と報奨金/台湾

 道路交通管理処罰条例(中国語:道路交通管理処罰條例)第7条の1によれば、同条例の違反者がいる場合、それを見つけた市民は、違反事実を明確に記載し、または違反の証拠資料を添付して、警察に告発(中国語:検 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年10月4日

知っておこう台湾法
第398回 株式譲渡の効力/台湾

 台湾の会社法上、株券はもともと無記名式株券と記名式株券の2種類に分けられていましたが、2018年の会社法改正において無記名式株券制度が廃止されたので、現在、株券は記名式のみとなります。  なお …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年9月27日

知っておこう台湾法
第397回 新型コロナの売上減でKTV賃料を減額請求できるか?/台湾

 新型コロナウイルス感染症の域内感染拡大により台湾のカラオケ(KTV)、飲食業などの売上高が大幅に落ち込んだため、台湾の著名なKTV業者である「星聚点」が2020年初めに、不動産オーナーを被告として賃 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年9月13日

知っておこう台湾法
第396回 秘密録音の適法性/台湾

 日本では盗聴や秘密録音について明確に規定した法律はありませんが、台湾ではこれらの行為が違法となるケースについて、法律に規定されています。  まず、刑法第315条の1第2号において、故なく、録音 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年9月6日

知っておこう台湾法
第395回 会社の減資で現金以外を返還できるか/台湾

 会社の資本が高すぎ、1株当たりの利益が低すぎる、または株主が一部の投資を回収したい場合、減資を行うことが考えられます。減資は原則として、株主総会の同意を得た後、出資比率に応じて一定の金額の現金を株主 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年8月30日

知っておこう台湾法
第394回 詐欺罪/台湾

 台北地方検察署は8月23日、有名建築会社の責任者である宋と、不動産販売会社の責任者である張を詐欺罪で起訴しました。2人は台湾の不動産業界で知名度が高いため、本件は大きな注目を集めています。 有 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年8月23日

知っておこう台湾法
第393回 契約の準拠法/台湾

 国際的な取引を行う場合、契約書で準拠法を定めることが多いです。準拠法とは、国際的な法律関係が問題になる場合に適用されるべき一定の法域における法を指します。台湾での訴訟において国際的な法律関係が問題に …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年8月16日

知っておこう台湾法
第392回 会社の主要財産を譲渡する手続き/台湾

 台湾の会社法上、「会社の全部または主要部分の営業または財産の譲渡」に該当する場合、株主総会の特別決議が必要であると、会社法第185条第1項第2号に規定されています。 主要財産は営業の性質で判断 …… 続きを読む

ニュース 法律 作成日:2021年8月9日

知っておこう台湾法
第391回 台北市の大道芸人の許可制度の違憲判定/台湾

 司法院大法官会議は2021年7月30日に第806号解釈を作成し、台北市の大道芸人の許可制度は違憲だと判定した。  本件の発端はこうである。数年前に台北市の大道芸人許可証を取得した陳氏が14年に …… 続きを読む