ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

スターラックス高松就航、台中空港唯一の日本便【図表】(トップニュース)/台湾


ニュース 運輸 作成日:2024年4月1日_記事番号:T00114534

スターラックス高松就航、台中空港唯一の日本便【図表】(トップニュース)/台湾

 航空会社、星宇航空(スターラックス・エアラインズ)は31日、同社で初めての台中国際空港発着の日本便、台中~高松(香川県)の定期チャーター便の運航を開始した。盧秀燕・台中市長は、台中空港の国際線の就航都市は現在12都市で、7月に中華航空(チャイナエアライン)傘下の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)が東京や名古屋、韓国の釜山(プサン)に就航すれば、新型コロナウイルス流行前を上回ると説明した。1日付中国時報などが報じた。

/date/2024/04/01/00startlux_2.jpgスターラックスの張・董事長(右4)は、台中空港で第1便の旅客を見送った(31日=中央社)

 スターラックスは31日午前、台中空港で就航式典を行った。

 張国煒・董事長は、桃園国際空港と高雄国際空港(高雄小港空港)は輸送力が満杯に近く、台中空港は今後、桃園空港を補助するサテライト空港の役割を担うと期待を示した。

 盧・台中市長は、台中空港は現在、定期便7路線と不定期のチャーター便5路線の12路線で、コロナ前の90%まで回復したと説明した。中部の市民が海外に出掛けたり、海外からの観光客も中部に呼び込むことで、経済と観光の効果があると指摘した。台中市は人口285万人近く、新北市に次ぐ人口2位の都市だ。

/date/2024/04/01/00international_2.jpg盧・台中市長は、調査で台中市民の幸福度指数は87.7で、6直轄市で最も高く、台中便は「スターラックス台中幸福路線」だとアピールした(台中市政府リリースより)

 台中空港の2023年旅客数は延べ149万9320人で前年比60%増加した。うち国際線と両岸(中台)線は46万5899人で、前年の38倍だった。コロナ前の19年旅客数は282万1967人で、うち国際線と両岸線は169万2014人だった。

/date/2024/04/01/300air_2.jpg

 台中空港の国際線と両岸線の就航都市は、▽南京、▽インチョン、▽プサン、▽済州島、▽香港、▽マカオ、▽ハノイ、▽ダナン、▽ホーチミン、▽フーコック島、▽マニラ──で、中華航空傘下の華信航空(マンダリン航空)やタイガーエア台湾のほか、▽アシアナ航空、▽国泰航空(キャセイパシフィック航空)傘下の香港エクスプレス、▽ベトジェットエア──などが運航している。域内線は、▽澎湖、▽金門、▽南竿、▽花蓮──をマンダリン航空と長栄航空(エバー航空)傘下の立栄航空(ユニー航空)が運航している。

/date/2024/04/01/00taichung_2.jpg台中空港で出発便を待つ旅客(台中市政府リリースより)

Gogoroとコラボ

 スターラックスにとって、台中空港は桃園空港に続く台湾2カ所目の拠点だ。

 台中~高松線は週3便運航する。毎週水曜は、台中を午前8時20分に出発、高松を午後1時に出発、金曜と日曜は台中を午前8時40分に出発、高松を午後1時20分に出発する。所要時間は約2時間40分。日本の就航都市は、▽東京、▽大阪、▽札幌、▽函館、▽仙台、▽名古屋、▽福岡、▽熊本、▽沖縄──に続く10都市目。

 31日、台中~マカオ線も就航した。週8便運航する。4月2日から台中~ダナン(ベトナム)線を週3便運航する。

 スターラックスは台中就航を記念して、6月末までに台中発着便に搭乗した旅客に、睿能創意(Gogoro台湾)の電動バイクが当たる抽選を実施する。一方、4月末までにGogoroの電動バイクを購入すれば、スターラックスの台中~マカオ線のビジネスクラスの往復航空券が抽選で当たる。

 台中市政府観光旅遊局は、9月末まで、スターラックスの搭乗券やパスポートを提示すれば、土産物店、工場見学などができる観光工場、宿泊施設など100カ所以上で、優待が受けられるキャンペーンを行う。

 

【セミナー情報です】
カタカナで学ぶ!ビジネス中国語セミナー。職場ですぐ使える中国語を紹介します。4月29日、5月14日の全2回開催。オンライン受講も受付中。
検索は「ワイズ、カタカナ中国語」。
【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/114496.html