ニュース

記事番号:T00077046
2018年5月16日15:34

 パナソニック台湾は15日、4K有機EL(OLED)テレビの最新3機種をはじめ、2018年春季新製品群を発表した。有機ELテレビはビエラFZ1000/950シリーズの55インチと65インチで、日本設計・日本生産の「ジャパンプレミアム」をうたい、独自の高画質処理技術「ヘキサクロマドライブプラス」で忠実な色再現を実現。今年度の有機ELテレビ販売目標は1,000台と、前年の2倍以上を目指す。16日付工商時報などが報じた。

/date/2018/05/16/00top_2.pngパナソニックは、有機ELテレビの新製品は映像のプロも認める高画質を実現したとアピールしている(パナソニックリリースより)

 ビエラFZ1000/950シリーズは、有機ELパネルと新たな画質処理エンジンを組み合わせ、明るいシーンでの色/階調表現が大幅に進化。暗部の階調や色の再現性もさらに高めた。また、有機ELパネル制御技術の進化によって画面の明るさを向上させた。

 また、上位機種のFZ1000では、パナソニックのハイファイオーディオ開発部門であるテクニクス開発陣との連携による、臨場感あふれるサウンドを伝える「Tuned by Technics」スピーカーを搭載。大画面・高画質にふさわしいハイクオリティーサウンドを実現した。

 パナソニック台湾が同日発表したテレビは4K機種を中心に、日本製7機種、台湾製15機種の計22機種。台湾製4K55インチ機種は3万4,900台湾元(約12万8,000円)。日本製は4万9,900元からと購入しやすい価格でLGエレクトロニクス、サムスン電子、ソニー、シャープなどのライバルメーカーに対抗する。今年は同社テレビ販売全体に占める4K機種の割合を50~60%へと、昨年の35~40%から高める計画だ。

18年売上高、過去最高に照準

 同社はこの他、幅68.5センチメートル、容量600リットルのミラータイプ冷蔵庫(8万1,900元)や、PM(微小粒子状物質)2.5の捕集効率99.97%を誇る高性能(HEPA)フィルター搭載の空気洗浄機、5枚刃ラムダッシュシェーバー、シャツをハンガーに掛けたまま使用できる衣類スチーマーなどの新製品も発表した。

 パナソニック台湾は昨年度、創業55年で最高の売上高341億元を記録。増収は4年連続となった。今年度の売り上げ目標は353億元で過去最高の更新を狙う。テレビ全体の販売目標は15万台で市場シェア15%、このうち4K機種は10万台、シェア25%が目標だ。冷蔵庫は販売18万台、シェア35%を目標に置く。

ニュース記事検索