ニュース

記事番号:T00081432
2019年1月11日15:49

 上場・店頭公開企業の2018年の売上高が出そろい、合計35兆1,500億台湾元(約124兆円)と、前年比7.7%増加し、2年連続で過去最高を更新した。昨年上半期は半導体や受動部品、シリコンウエハーの他、石油化学や鉄鋼などの従来型産業が好調だったが、第4四半期に入り世界景気はピークアウト。iPhone新3機種をはじめスマートフォン販売も不振で、証券会社は今年の売上高について、米中貿易戦争やアップル受注減により、過去最高は困難と予測した。11日付工商時報などが報じた。

/date/2019/01/11/top_2.jpg

 企業別の昨年売上高首位は鴻海精密工業で、5兆2,900億元と過去最高だった。2~4位は▽和碩聯合科技(ペガトロン)▽台湾積体電路製造(TSMC)▽広達電脳(クアンタ・コンピューター)──で、いずれも1兆元以上、過去最高を記録した。

 5~10位は、▽仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)▽緯創資通(ウィストロン)▽台塑石化(フォルモサ・ペトロケミカル、台塑化)▽大聯大投資控股(WPGホールディングス、半導体商社)▽英業達(インベンテック)▽国泰金融控股(キャセイ・ファイナンシャル・ホールディングス)──だった。

12月売上高、前年割れ

 上場・店頭公開企業の昨年12月売上高は合計3兆1,800億元で、前月比2.6%減、前年同月比2%減少した。売上高が過去最高を記録した企業数は99社と、前年同月の129社から大幅に減少した。アップルのiPhone販売不振などが響いた。

 企業別の1~5位は、▽鴻海精密工業、6,193億元▽ペガトロン、1,057億元▽クアンタ、1,026億元▽TSMC、898億元▽ウィストロン、864億元──だった。

 業種別で売上高の伸び幅が大きかったのは、▽産業用コンピューター(IPC)、前年同月比20.6%▽受動部品、14.3%▽シリコンウエハー、11.1%──の順だった。証券会社は、IPC業の成長はM&A(合併・買収)が主因と指摘した。

 国泰期貨の蔡明翰・証期顧問処経理は、台湾企業は電子業が主で、スマホ販売と売上高が連動していると指摘した。今年第1四半期も低迷が続き、第1四半期末から第2四半期に回復の兆しがあると予想した。

【図】

ニュース記事検索