ニュース

記事番号:T00083281
2019年5月2日15:56
ニュース その他分野
20年春節、初の7連休に

 来年の春節(旧正月)連休は、1月23日(木)~29日(水)の7日間となることが行政院人事行政総処によって1日発表された。同連休を最短でも7日間とする方針が初めて適用される。市民が帰省する際の交通機関の混雑緩和や、旅行産業への貢献が期待される。2日付蘋果日報などが報じた。

/date/2019/05/02/holiday_2.jpg

 春節連休は従来規定では最短6日で、来年は1月24日開始の6連休となる見込みだったが、除夕(旧正月の大みそか)の1日前の23日より開始する。その代わりに2月15日(土)を振替出勤日とする。

 同処が発表した2020年の政府機関カレンダーによると、年間休日は115日で今年と変わらない。春節以外の3日以上の連休は5回で、▽和平紀念日(2月28日)、28日~3月1日▽児童節(4月4日)・清明節(4月5日)、2~5日▽端午節(6月25日)、25~28日▽中秋節(10月1日)、1~4日▽双十節(10月10日)、9~11日──。例年9月にある中秋節が20年は10月1日と遅いため、10月は双十節と2週連続で連休となる一方、7~9月には名節・祝日がないため、土日以外の休みがない。

 また、端午節の6月25日と中秋節の10月1日は木曜日のため、翌日の金曜日を振替休日とする。その代わりに、前週の土曜日に当たる6月20日と9月26日が振替出勤となる。

 なお、企業は政府機関のカレンダーを参考にできるが、全面的に準じる必要はない。

旅行業界から期待の声

 20年は4連休が児童節・清明節、端午節、中秋節と3回ある。旅行業界団体の中華民国旅行商業同業公会全国聯合会(旅行業全聯会、TAAT)の蕭博仁理事長は、海外旅行は5日間のスケジュールが主流のため、4連休の前後に有給休暇を1日取得する、または連休の前日から出発するツアーへの参加者が増えると予測。台湾域内旅行の需要拡大にも貢献すると語った。

 テーマパーク大手、麗宝楽園渡仮区(台中市后里区)の王永豪副総経理は、連休は域内旅行者が増え、宿泊施設の客室稼働率が顕著に上昇すると期待感を示した。

 一方、九族文化村(南投県)の黄瑞奇経理は、連休が4日以上と長くなれば、連休以外の土日に域内旅行を控える傾向が生じる他、海外旅行に出掛ける市民が増え、域内旅行業者には不利になると指摘した。

【表】

ニュース記事検索