《新型肺炎》iPhone12来年発売か、TSMCのEPSゼロ成長も【表】


ニュース 電子 作成日:2020年3月17日

《新型肺炎》iPhone12来年発売か、TSMCのEPSゼロ成長も【表】

記事番号:T00088870

 アップルが下半期に発売するとされる第5世代移動通信(5G)対応スマートフォン新機種「iPhone12」について、欧米での新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、来年に発売が延期される可能性があるとの予測が中信里昂証券(CLSA)から示された。下半期に予定されていたiPhone12の7,000万~8,000万台分の出荷が来年に先送りされる影響で、半導体など部品の生産時期も後ずれし、台湾積体電路製造(TSMC)は今年通年の1株当たり純利益(EPS)がゼロ成長となり得ると予想されている。17日付経済日報が報じた。

/date/2020/03/17/1iphone_2.jpg

 CLSAは今年通年の5G対応スマホの世界出荷台数予測を1億6,000万台へと7,000万台(約30%)下方修正した。スマホ全体も12億9,000万台へと7,000万台下方修正し、前年比8%減になると予測した。

 CLSAは、今年通年の半導体市場の成長率は5%未満にとどまり、TSMCの純利益は前年比わずか1%増になると予想した。