《新型肺炎》トランセンド、従業員に「抗疫補助金」支給


ニュース 電子 作成日:2020年3月20日

《新型肺炎》トランセンド、従業員に「抗疫補助金」支給

記事番号:T00088954

 半導体メモリーモジュール大手の創見資訊(トランセンド・インフォメーション)は19日、全世界1,000人以上の従業員に対し、新型コロナウイルス感染拡大による影響に対抗するための補助金を1人当たり500米ドル支給することを決定した。こうした措置は台湾域内企業として初めてのケースだ。現地通貨で3月分の給与に上乗せされ、支給される。20日付経済日報が報じた。

 18日、ファウンドリー最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の従業員が新型コロナウイルスに感染したことが明らかとなり、半導体・電子業界では感染防止策の強化が進められている。

 パッケージング・テスティング(封止・検査)最大手の日月光投資控股(ASEテクノロジー・ホールディング、ASEH)はビッグデータ分析技術を活用し、各従業員の接触や旅行に関する記録を追跡。鴻海精密工業は台湾の各工場間のシャトルバスの運行を停止し、必要に応じてビデオ会議や電話会議を導入している。通信キャリア大手3社は出張を全面的に停止した。