《新型肺炎》高雄市のキャバクラ、20日に条件付き営業再開へ


ニュース 社会 作成日:2020年5月19日

《新型肺炎》高雄市のキャバクラ、20日に条件付き営業再開へ

記事番号:T00090035

 高雄市の韓国瑜市長は19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために4月9日より営業停止となっているキャバクラ・ホストクラブと舞踏ホールなどの特殊産業について、明日20日からの条件付き営業再開を認める方針を示した。再開に当たり、▽実名制による個人情報登録▽体温測定▽マスク着用または社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保──などを義務付ける。中央社電が伝えた。

/date/2020/05/19/18han_2.jpg韓国瑜市長(右)は19日、経済を考慮して営業再開を認めるが、防疫措置は厳しく求めると述べた(19日=中央社)

 高雄市政府衛生局の林立人局長は、違反業者には伝染病防治法(感染症予防治療法)により3,000~1万5,000台湾元(約1万1,000~5万4,000円)の罰金を科すと説明した。