《新型肺炎》輸入マスクの台湾製偽装摘発、規制を強化


ニュース 医薬 作成日:2020年9月11日

《新型肺炎》輸入マスクの台湾製偽装摘発、規制を強化

記事番号:T00092072

 彰化県の輸入業者「豪品国際実業」が中国製の非医療用マスクを「台湾製医療用」と表示された箱に入れて販売し、不当な利益を得ていたとして、彰化地方検察署(地検)は9日、詐欺などの疑いで同社の関係先3カ所を家宅捜索し、責任者の呂錫賓容疑者(48)と従業員5人から事情を聴くとともに、帳簿類などを押収した。呂容疑者は保釈金200万台湾元(約730万円)で保釈された。11日付自由時報が伝えた。

/date/2020/09/11/09mask_2.jpg品豪国際実業は立体医療用マスクを販売していたが、同社工場には立体マスクを生産できる設備はなかった(10日=中央社)

 豪品国際実業は中国製の非医療用マスク1,000万枚近くを輸入し、中南部の薬局で販売していたほか、小売業者に1枚5元で卸していた。また、通信販売で50枚入り499~799元で販売していた。

 豪品国際実業は台湾全土へのマスクの安定供給を目指す「マスク国家チーム」にも加わっていた業者だが、経済部標準検験局(標検局)の検査で不審な点が見つかり、検察に通報があった。

 経済部は豪品国際実業が台湾製への偽装でマスク1枚当たり10元、総額6,720万元の不当な利益を上げていたとみている。衛生福利部食品薬物管理署(TFDA)は明確な薬事法違反に当たると指摘した。

輸入許可を義務付け

 経済部は今回の事態を受け、今月16日以降は医療用、非医療用を問わず、マスク輸入に際し、経済部国際貿易局(国貿局)による輸入許可の取得を義務付けることを決めた。また、通関後も7日ごとに流通ルートの登録を義務付ける。

 一方、TFDAは今月17日から台湾産の医療用マスクには必ず「MD(メディカル)」「Made In Taiwan(メード・イン・台湾)」という文字の刻印を義務付ける。刻印がない医療用マスクが12月17日までに売れ残った場合には、回収を求められる。