《新型肺炎》BNTワクチン、9月末までに第1弾到着へ/台湾


ニュース 医薬 作成日:2021年7月22日_記事番号:T00097366

《新型肺炎》BNTワクチン、9月末までに第1弾到着へ/台湾

 台湾積体電路製造(TSMC)などが調達する独ビオンテック(BNT)の新型コロナウイルス感染症ワクチン計1,500万回分は9月末までに第1弾が台湾に到着する見通しだ。22日付自由時報が報じた。

/date/2021/07/22/09bnt_2.jpg蔡総統は、民間団体によるBNTワクチン調達への協力に、改めて感謝の意を表した(蔡・総統フェイスブックより)

 BNTのワクチンは▽TSMC、▽鴻海精密工業系の慈善団体、永齢基金会、▽仏教系慈善団体の仏教慈済慈善事業基金会(慈済基金会)──が各500万回分、計1,500万回分の調達契約を締結している。調達したワクチンは全て、市民の接種用に政府に寄付する。

 蔡英文・総統は21日、BNTのワクチン1,500万回分の接種対象に12~18歳の未成年を加えると明らかにした。

 行政院の羅秉成・報道官は同日、BNTのワクチンは台湾に到着後、ワクチン予約システムで選択できるようになると説明した。

 

【セミナー情報です】

日系企業の台湾人向け監督者研修。部下の指導力、仕事の段取りと進め方、コミュニケーション能力などのスキルを身に付けさせます!7月29日開講。
検索は「7月、監督者研修」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92131.html