《新型肺炎》健保カードのない外国人、ワクチン接種意思登録可能に/台湾


ニュース 医薬 作成日:2021年7月29日_記事番号:T00097493

《新型肺炎》健保カードのない外国人、ワクチン接種意思登録可能に/台湾

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)は29日、合法に停留、居留している外国人が全民健康保険カード(健保カード)を持たない場合、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種意思登録・予約システムに、停留ビザまたは居留証に記載されたIDナンバー「統一証号」とパスポート番号を入力し、接種意思登録が登録できると説明した。中央社電が伝えた。

 指揮官の陳時中・衛生福利部(衛福部)長は、接種時期はワクチンの全体の供給量によるとした上で、先に接種意思登録を呼び掛け、需要を把握してから接種計画に組み込むと説明した。

 

【セミナー情報です】

日本人向けワイズ経営塾台湾新任編で、経営の基礎と、台湾のビジネス環境を学びませんか?9月24日開講。
検索は「ワイズ、9月新任編」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92168.html