《新型肺炎》新型コロナ域内感染21人増、嘉義県の工場でクラスター【図】/台湾


ニュース 社会 作成日:2021年7月30日_記事番号:T00097528

《新型肺炎》新型コロナ域内感染21人増、嘉義県の工場でクラスター【図】/台湾

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)は30日、21人の新型コロナウイルス域内感染を確認したと発表した。うち9人は嘉義県水上郷のアルミ加工工場の経営者の夫婦や、従業員とその家族だった。嘉義県で発生したクラスター(感染者集団)は累計11人となった。指揮センター指揮官の陳時中・衛生福利部(衛福部)長は、1人が北部で会合に参加したことがあり、関連を調べていると語った。

/date/2021/07/30/36_2.jpg

 嘉義県以外は、▽台北市、7人、▽新北市、4人、▽高雄市、1人──だった。18人の感染経路は分かっており、2人の関連が不明、1人が調査中だ。

 また、▽米国、▽フィリピン、▽インドネシア──から入境した4人の輸入症例を発表した。

 5月11日~7月28日に感染確認を発表した1万4,420人のうち、1万2,817人(88.9%)が隔離を解除された。

/date/2021/07/30/35_2.jpg

 死者は3日連続でゼロだった。

/date/2021/07/30/34_2.jpg

 台湾での感染確認者は累計1万5,662人となった。内訳は、輸入症例が1,266人、台湾での域内感染が1万4,343人、海軍の敦睦遠航訓練支隊の集団感染が36人、航空機での感染が2人、感染経路不明が1人、感染経路調査中が14人。108人は後に感染していなかったことが分かり、感染者リストから除外された。死者は累計787人。

 

【セミナー情報です】

ミドルマネージャーは戦術を策定し、指揮するキーマン!日系企業の台湾人向け管理者研修。8月25日開講。
検索は「8月、台湾人管理者研修」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92134.html