《新型肺炎》春節シーズンの居家検疫、自宅で実施可も検討


ニュース 社会 作成日:2021年10月21日_記事番号:T00099082

《新型肺炎》春節シーズンの居家検疫、自宅で実施可も検討

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)指揮官の陳時中・衛生福利部(衛福部)長は21日午前の立法院衛生環境委員会終了後、来年の春節(旧正月、2022年は2月1日)シーズンの台湾への帰省での、14日間の外出制限措置「居家検疫」についてメディアに問われ、陳・部長は、防疫ホテルの義務付けをやめたり、期間を短縮するなど、防疫と利便性を念頭に総合的に検討すると答えた。中央社電が報じた。