《新型肺炎》隔離中の葬儀出席など、ワクチン接種で最長4時間に/台湾


ニュース 社会 作成日:2021年11月25日_記事番号:T00099736

《新型肺炎》隔離中の葬儀出席など、ワクチン接種で最長4時間に/台湾

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)は24日、新型コロナウイルス感染症ワクチンを2回接種し、14日以上たつ人を対象に、感染者との濃厚接触者に対する外出制限「居家隔離」や、海外からの入境者に対する外出制限「居家検疫」期間中に、葬儀出席や重病の親族の見舞いで緊急の外出が必要な場合の外出時間を、1日1回4時間までに緩和した。聯合報電子版が伝えた。

 ワクチンを2回接種していない、または接種後14日未満の人は、これまで通り1日1回2時間まで外出できる。

 いずれの場合も、隔離期間の1日目以降、無症状で、自費で核酸検査を受けて2日以内の陰性証明書を取得する必要がある。また、外出時間に移動時間は含まれず、日を跨いではならない。申請回数に制限はない。

 

【セミナー情報です】

指示待ち部下、いませんか?自立型社員の育成をサポートします!日系企業の台湾人向け中堅社員研修。12月23日開講。オンライン受講も受け付け中。
検索は「12月、中堅社員研修」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92178.html