《新型肺炎》来年もマスク着用へ、ワクチン接種率上昇でも【表】/台湾


ニュース 社会 作成日:2021年11月26日_記事番号:T00099763

《新型肺炎》来年もマスク着用へ、ワクチン接種率上昇でも【表】/台湾

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)の荘人祥・報道官は25日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種率が12月中旬に60%に届く見込みだが、海外では多くの国でワクチン接種率が高くとも、感染状況を抑制できていないと語り、2022年も引き続きマスク着用を求める方針を示唆した。26日付自由時報が伝えた。

/date/2021/11/26/18vaccine_2.jpg

 指揮センターは、ワクチン接種率が8〜9割と高い国々で、マスクの着用を義務付けず、新型コロナ感染が急増していると指摘した。

 

【セミナー情報です】

春節賞与、春節退職、労働条件を考える、2022年に向けた労務対策セミナー。12月16日に開催。在台日系企業の皆様にアンケートのご協力をお願いしております。協力いただいた方は優待価格でご招待。
検索は「労務対策セミナー、春節賞与」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/99619.html