《新型肺炎》春節シーズン居家検疫の検査、防疫ホテル・集中検疫所で/台湾


ニュース 医薬 作成日:2021年12月3日_記事番号:T00099891

《新型肺炎》春節シーズン居家検疫の検査、防疫ホテル・集中検疫所で/台湾

 中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)指揮官の陳時中・衛生福利部(衛福部)長は2日、春節(旧正月、2022年は2月1日)連休を挟む12月14日~22年2月14日の間の、海外からの入境者に対する外出制限「居家検疫」の特別措置について、入境後7日目、または10日目に受ける新型コロナ検査は、対象者が医療機関に出向くのでなく、医療関係者が防疫ホテルや集中検疫所に出向き、実施すると説明した。3日付自由時報が報じた。

 特別措置では、条件を満たせば、入境後7日間は防疫ホテルや集中検疫所で、残り7日間を自宅などで居家検疫を実施することができる。または、入境後10日間は防疫ホテルで、残り4日間を自宅などで居家検疫を実施することができる。