(一般公開)台湾と中国におけるバルブ製品業界の競合分析


リサーチ 経営 台湾事情 作成日:2014年2月20日

機械業界 ポンプ・コンプレッサー・コック・バルブ

(一般公開)台湾と中国におけるバルブ製品業界の競合分析

記事番号:T00062582

一.台湾と中国の業界形態

 中国バルブ製品業界には、様々な規模の企業が約6,000軒以上あり、世界一の会社数を誇っている。2012年に、中国バルブ製品業界の生産額は2011年同期比18.71%増の2,116億人民元に達したほか、売上高が2,000万人民元を超えた会社も1,543軒に上り、そして従業員総数は27万人にもなり、バルブ製品は721万トンであった。

 ただ、 中国バルブ製品業界は、企業規模が小さく産業集中度が低いという問題を抱えている。同業界に低技術力、小規模または家族型企業である会社は1,500軒以上あり、年間売上高が1億人民元を超える企業は僅か十数軒で、上位十社の合計市場シェアはわずか8〜9%にとどまっている。産業集中度が低いことは、技術力の低下、低価格競争、 影響力のあるブランドの欠如など不利な要因に繋がるため、現段階の中国バルブ製品業者の規模と資金では、海外大手会社と競争することは困難である。

 中国江蘇省は中国バルブ製品業界にとって重要な生産拠点である。江蘇省はバルブ製品産業が60年以上発展してきたため、中国トップ5のバルブ生産拠点となり、バルブ産業クラスターを形成している。12年の時点で江蘇には約800軒を超えるルバルブ製品業者が存在しており、その合計生産額は中国バルブ製品業界の21%を占める450億人民元にも上る。

二. 台湾と中国の相互貿易

 2006〜2012年における台湾と中国の相互貿易を分析すると、10年と11年にバルブ製品の台湾対中国輸出額は中国対台湾輸出額を上回る1.42億米ドルと1.43米ドルであったが、12年に中国対台湾輸出額は伸び、台湾には1,117万米ドルの貿易赤字が生じた。


 製品別に見ると、台湾と中国の貿易においては、蛇口を含む「未分類その他のバルブ製品」がより頻繁に取引されており、そして中国対台湾輸出では「チェックバルブ」が最も多く、次いで「安全弁/逃がし弁」となっている。12年おける中国対台湾輸出は、「チェックバルブ」の輸出額が612.9万米ドルであり、この三年間大幅に成長していた「安全弁/逃がし弁」も、454.7万米ドルに伸びた(表1参照)。

一方、台湾対中国輸出は「未分類その他のバルブ製品」を除き、油圧/空気作動弁の輸出額が最も多く、12年には3,085万米ドルになった(表2参照)。



三.台湾と中国の長所と短所

 過去10年間、台湾と中国のバルブ製品市場は異なる成長を遂げており、▽生産額▽内需▽輸出入▽主要輸出市場——などから見て、中国は台湾より顕著な伸び幅を見せた。中国経済成長の恩恵を受けて、12年に中国バルブ製品業界は台湾の38倍となる生産額を記録したほか、輸入額と輸出額はそれぞれ台湾の34倍と42倍であり、その差は毎年拡大している。

 中国はまだ「ローエンドの輸出品とハイエンドの輸入品」というビジネスモデルから脱出できていないため、大規模工事と産業バルブ市場における展開を計画している。世界市場は既に中国による低価格競争の影響を受けているため、 内需市場の成長が限られる台湾は技術力を強化して、市場を開拓しなければならない。

機械業界-ポンプ・コンプレッサー・コック・バルブ

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。