【BtoC最前線〜台湾の流通と消費動向】ワイズリサーチのConsumer Report 第13回 リップ&アイメイクリムーバー


リサーチ 経営 マーケティング 台湾事情 その他 作成日:2021年10月29日

コンシュマーレポート

【BtoC最前線〜台湾の流通と消費動向】ワイズリサーチのConsumer Report 第13回 リップ&アイメイクリムーバー

記事番号:T00099222

ワイズリサーチのコンシュマーレポートは、台湾消費者のビッグデータから消費動向、売れ筋商品、流通チャンネル別の販売動向に関する最新情報をまとめています。
今回はリップ&アイメイクリムーバーの主要販売チャンネルである▽ドラッグストアチェーン▽電子商取引(EC)サイト▽量販店の消費データに基づき、8/1〜9/30期間中の購買人数と一人あたりの消費金額の変化から、リップ&アイメイクリムーバー(ポイントメイクリムーバー)の販売状況を分析する。

ドラッグストアチェーンの来店客数増 8月第五週の主要販売チャンネルの来店客数は20%増
2021年8月第五週のリップ&アイメイクリムーバーの主要販売チャンネルのうち、ECサイトと量販店の来店客数は前週比20%減だった。しかし、最大の販売チャンネルのドラッグストアチェーンの来店客数は同24%増だったため、総合的に全販売チャンネルの来店客数は同20%増となった。なお、ドラッグストアチェーンの来店客数は増加したものの、一人あたりの商品金額は特に変化が見られないことから、消費者のリップ&アイメイクリムーバー−1.10%の購入需要は一定の量を維持していると推測される。
 

宝雅(POYA) ワトソンズは市場シェアの6割以上を占める 来店客数はほぼ同じ
ドラッグストアチェーンの来店客数は全販売チャンネルの8割を占める。このうち、宝雅(POYA)とワトソンズの来店客数は7割を占める。また、ワトソンズの来店客数は宝雅(POYA)より僅かに上回っており、8月と9月のリップ&アイメイクリムーバーの販売ランキングの1位を占めるものの、売上高は宝雅(POYA)の半分しかない。なお、ドラッグストアチェーンの販売ランキングの3位以下は順に▽第3位、康是美(COSMED)▽第4位、松本清(マツモトキヨシ)▽第5位、日薬本舗――だった。

リップ&アイメイクリムーバー市場ロレアルパリが総合1位 MAYBELLINEは総合2位
消費者向けに電子レシートを保存できるアプリを提供するインボス社(invosData)がまとめたデータによると、2021年9月リップ&アイメイクリムーバー販売ランキングの上位10位は順に①巴黎萊雅(ロレアルパリ)②MAYBELLINE(メイベリン)③NIVEA(ニベア)④1028⑤Bifesta(ビフェスタ)⑥Bioré(ビオレ)⑦LANCÔME(ランコム)⑧POND’S(ポンズ)⑨雪芙蘭(cellina)⑩蒂芬妮亞(divinia)――だった。

総合1位のロレアルパリの「GENTLE Lipandeyemake-upremover」は好評で、リップ&アイメイクリムーバー市場の購買人数と売上高は5割の市場シェアを占める。総合2位のMAYBELLINEは「アイ+リップメイクアップリムーバー」で1割の市場シェアを攻略した。なお、ロレアルパリとMAYBELLINEはいずれもロレアル傘下のブランドであるため、ロレアルはリップ&アイメイクリムーバー市場の7割のシェアを占め、他のブランドを寄せ付けない強さを示した。

※データ提供:引客数據invosData
・消費データの観測期間:8/1〜9/30
・観測対象:約8,500件のリップ&アイメイクリムーバー消費データ
・観測チャンネル:ドラッグストアチェーン、ECサイト、量販店など計1,500店舗

コンシュマーレポート

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。