新光三越が周年慶セール開始、五倍券効果で増収目標(トップニュース)/台湾


ニュース 商業・サービス 作成日:2021年10月8日_記事番号:T00098829

新光三越が周年慶セール開始、五倍券効果で増収目標(トップニュース)/台湾

 百貨店最大手、新光三越百貨は7日、百貨店業界の周年慶セールの売れ行きを占う指標とされる台北南西店(台北市中山区)など6店舗で周年慶セールを開始した。初日の売上高は15億台湾元(約60億円)で前年比で横ばいだった。呉昕陽・副董事長は、きょう8日から1人当たり5,000台湾元(約2万円)の振興券「五倍券」が使用できると期待感を示し、周年慶セール期間の全店の合計売上高は前年同期比1%増の204億元と予想した。8日付工商時報などが報じた。

/date/2021/10/08/00departmentstore_2.jpg新光三越は、新型コロナ感染予防対策として、来店客の入場制限を実施している(7日=中央社)

目的買い増加、客単価1割上昇

 台北南西店では営業開始の2時間前から、消費者が並び始めた。例年は初日に延べ10万人が訪れるものの、新型コロナウイルスの影響で客足が減った。ただ、来店者に占める購入者の割合「購入率」は6~7割と、新型コロナ前の周年慶セール期間の4~5割より上昇した。呉・副董事長は、購入する商品をあらかじめ決めている「目的買い(計画買い)」の来店者が多く、客単価は10%以上上昇していると指摘した。前年の客単価は平均3,700元だった。

 セール開始からわずか2時間で、合計消費額35万元で贈呈するダイソンの掃除機や任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」5組の配布が終了した。

 新光三越によると、セール初日に人気だった商品は▽化粧品、▽高級ブランド品、▽3C(コンピューター、通信、家電)製品──など。特に巣ごもり消費や新生活向けの商品の需要が強く、大型家電などがよく売れた。高級寝具やマットレスの販売量は3割増だった。

ユニスタイルなども同日開始

 新光三越の周年慶セールは同日、台北南西店のほか、▽桃園駅前店、▽台中中港店、▽嘉義垂楊店、▽台南中山店、▽高雄三多店──で始まった。

/date/2021/10/08/11hyakkaten_2.jpg

 呉・副董事長は、五倍券の発行日に合わせて、周年慶セール開始日を例年より1週間遅らせたと説明。五倍券効果は前年の「三倍券」の11億元を上回ると予想した。第4四半期の売上高は前年同期から横ばい、または小幅成長と見込む。1~8月売上高は前年同期比4.6%減だった。

 統一時代百貨(ユニスタイル)、統一夢時代購物中心(ドリームモール)、環球購物中心(グローバルモール)なども五倍券の発行日に合わせて、7日に周年慶セールを開始した。

【表】

 

【全てのニュースが聴けます】
ニュース会員、労務顧問会員に加入しますと1日分をまとめて聴くことが出来ます。

●ワイズニュースの詳細とお申し込みはこちら
https://www.ys-consulting.com.tw/service/news/member.html
月額3,000元でPDFのニュース配信と音声サービスの両方をご利用いただけます。

【1日分をまとめて聴く方はこちら(会員限定)】
https://www.ys-consulting.com.tw/service/audio/news/index.html

【会員の皆様へ】
音声で聴くにはログインが必要です。1アカウントに付き1名様までご利用いただけます。
・アカウントはニュース配信先のメールアドレスとなります。
・パスワードをお忘れの場合、下記URLより再設定ができます。
https://www.ys-consulting.com.tw/repassword/
(1)メールアドレスを入力して「送信する」を押します。
(2)届いたメールからパスワードを再設定します。