《新型肺炎》ワクチン接種率、かさ増し疑惑を否定/台湾


ニュース 医薬 作成日:2021年11月26日_記事番号:T00099755

《新型肺炎》ワクチン接種率、かさ増し疑惑を否定/台湾

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種率の計算式で、分母は台湾籍の人数だけなのに、分子には台湾在住の外国籍の人数が含まれ、「かさ増し」しているとの指摘に対し中央流行疫情指揮中心(中央流行疫情指揮センター)の荘人祥・報道官は25日、海外でワクチン接種した台湾籍を含めていないことを考慮すると、ほぼ変わらないと説明した。26日付中国時報が報じた。

 また荘・報道官は、ワクチン接種率は外国籍を含むデータと含まないデータの2種類を計算しており、その差は3%と指摘した。必要があれば、いつでも公表できると述べた。

 24日時点で1回目の接種を終えた人数は1,810万9,173人で、接種率は77.34%。2回目の接種を終えた人数は1,182万3,246人で、接種率は50.50%だった。
 

【セミナー情報です】

日本人向けワイズ経営塾、台湾新任編で、経営の基礎と、台湾のビジネス環境を学びませんか?12月21日開講。オンライン受講も可能です。
検索は「ワイズ、12月新任編」。

【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/92177.html