ニュース

 2018年8月1日に公布された改正会社法が、11月1日から施行されました。今回は、この改正法による取締役、監査役、支配人および大株主の情報届け出制度について解説します。 1.届け出対象会社、項 ……
 OECD(経済協力開発機構)のBEPS(税源侵食と利益移転)プロジェクトに関連して、台湾でも2017年度より、移転価格税制関連の提出書類に、従前からあるローカルファイルに加えて、マスターファイルおよ ……
 外国営利事業者によるインターネットを通じた国際電子役務提供が増えています。今回は、外国営利事業者の国際電子役務提供報酬に対する源泉税に関する利益率および台湾内利益貢献度の算定について説明します。 ……
 12月決算の営利事業者においては、毎年9月に営利事業所得税(法人税)の中間納付および申告が必要になります。今回は、2018年度における中間納付についてご説明いたします。 1.納付時期および申告 ……
 営利事業者が関係会社に対する売掛金の回収期日の延長をした場合、移転価格の観点で資金の提供とみなされる場合があります。今回は関係会社に対する売掛金の回収期日を延長した場合の税務上のリスクについて、財政 ……
 前回に続き、今回も7月6日に立法院を通過した会社法改正法案の内容です。今回は、会計士監査に関する規定を説明します。 1.現行会社法の会計士による財務諸表監査の要件  現行の会社法上、資本 ……
ニュース その他分野 ニュース会員
第141回 会社法改正(配当)
 7月6日、2011年以来の大幅改正となる会社法改正法案が立法院を通過しました。改正法案には幾つかの側面がありますが、その一つが経済状況および会社の実態を踏まえた弾力的運用です。今回はその中で配当に関 ……
 在台日系企業において、日本親会社を含む外国法人に対して役務サービスを提供する会社は多いと思います。今回は外国法人に対する役務サービス報酬にかかる営業税の要否について、財政部台北国税局の指摘事例を踏ま ……
 営利事業者が所有する有形固定資産の廃棄に際しては、法定耐用年数を経過しているか否かにより、その税務上の廃棄損計上要件が異なります。今回は有形固定資産の廃棄損に関する税務上の扱いについて、財政部北区国 ……
 会計上の「のれん」とは、企業の買収・合併(M&A)の際に発生する、「企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額で、いわゆる経営ノウハウや事業シナジーなどの対価に当たります。今回は、企業合併に伴い発 ……
1 to 10 of 147.
ニュース記事検索