ニュース

ニュース その他分野 ニュース会員
第151回 源泉徴収制度
 台湾における源泉徴収制度では、営利事業者は源泉徴収票および源泉税の申告書の提出を毎年1月末までに行う必要があります。今回は、台湾の源泉徴収制度について解説します。 1.源泉徴収制度とは ……
 OECD(経済協力開発機構)のBEPS(税源侵食と利益移転)プロジェクトに関連して、2017年度より追加されたマスターファイルおよび国別報告書のうち、国別報告書の提出方法に関して解説します。 ……
ニュース その他分野 ニュース会員
第149回 新リース基準
 国際財務報告基準(IFRS)および台湾版国際財務報告基準(T-IFRS)では、2019年1月1日以降開始する事業年度より、新リース基準であるIFRS第16号「リース」が強制適用されます。今回は、新リ ……
 2018年11月1日から施行された新会社法では、会計士による財務諸表監査が必要な会社の要件が追加され、詳細が8日に経済部から公表されました。今回は、当該財務諸表監査の要件について解説します。 ……
 2018年8月1日に公布された改正会社法が、11月1日から施行されました。今回は、この改正法による取締役、監査役、支配人および大株主の情報届け出制度について解説します。 1.届け出対象会社、項 ……
 OECD(経済協力開発機構)のBEPS(税源侵食と利益移転)プロジェクトに関連して、台湾でも2017年度より、移転価格税制関連の提出書類に、従前からあるローカルファイルに加えて、マスターファイルおよ ……
 外国営利事業者によるインターネットを通じた国際電子役務提供が増えています。今回は、外国営利事業者の国際電子役務提供報酬に対する源泉税に関する利益率および台湾内利益貢献度の算定について説明します。 ……
 12月決算の営利事業者においては、毎年9月に営利事業所得税(法人税)の中間納付および申告が必要になります。今回は、2018年度における中間納付についてご説明いたします。 1.納付時期および申告 ……
 営利事業者が関係会社に対する売掛金の回収期日の延長をした場合、移転価格の観点で資金の提供とみなされる場合があります。今回は関係会社に対する売掛金の回収期日を延長した場合の税務上のリスクについて、財政 ……
 前回に続き、今回も7月6日に立法院を通過した会社法改正法案の内容です。今回は、会計士監査に関する規定を説明します。 1.現行会社法の会計士による財務諸表監査の要件  現行の会社法上、資本 ……
1 to 10 of 151.
ニュース記事検索