ニュース

 営利事業所得税法第25条では、外国企業が台湾企業に一定のサービスを提供した際に、財政部の許可を得ることによりみなし利益率を適用して台湾源泉所得を計算することが可能です。今回は、みなし利益率の適用申請 ……
 営利事業所得税(法人税)では、同一所得に対する台湾と外国での二重課税を排除する目的で外国税額控除の制度を設けています。今回は外国税額控除の帰属年度について解説いたします。 1.外国税額控除 ……
 台湾では物品販売やサービス提供時に統一発票の発行が必要になりますが、見本品等の無償提供についても統一発票の発行が規定されています。今回は、物品無償提供時の統一発票の取り扱いに関して解説いたします。 ……
 営利事業所得税(法人税)は、税務上の繰越欠損金をその後の年度の課税所得から控除する場合、「会計帳簿の完備」が必要です。第155回(https://www.ys-consulting.com.tw/n ……
ニュース その他分野 ニュース会員
第161回 食事手当の取り扱い
 台湾でも、従業員に食事を支給する、または金銭で食事代を支給することがあると思います。今回はこうした食事手当に関する税務上の取り扱いについて説明いたします。 1.食事手当の取り扱い  会社 ……
ニュース その他分野 ニュース会員
第160回 賞与の損金算入
台湾法人においても、事業年度終了後に業績に応じて従業員に賞与を支給するケースが多いと思います。今回は、未払賞与に関する税務上の損金算入要件および計上年度について説明いたします。 1.賞与の損金算 ……
 「外国税額控除」は、台湾法人が海外で支払った税金を、台湾の営利事業所得税(法人税)から控除できる制度です。今回は、外国税額控除と租税協定との関係での留意点を説明します。 1.外国税額控除と租税 ……
 税務上の損金は、大原則として会社の事業とその付属業務に関連して発生した費用や損失であることが必要ですが、その範囲については判断が難しいケースがあります。今回は会社の業務範囲とは無関係に生じた費用であ ……
 交際費と広告費はいずれも主に販売活動に用いる支出です。税務上の取り扱いが異なるものの、内容が似ている部分もあり、どちらで処理すべきか判断に迷う場面があるかと思います。今回は交際費と広告費の区分につい ……
 今年も5月の個人所得税確定申告の時期が近づいてきました。今回は2018年度分個人所得税の確定申告での、17年度申告からの主な変更点について解説します。 1.18年度確定申告における主な ……
1 to 10 of 165.
ニュース記事検索