セミナー

記事番号:T00080006
2018年10月24日17:59

                                

            ~政府政策業界事情技術の三方向から考える

台湾における再生エネルギーの現状と日系企業のビジネスチャンス

                                              

◎第1講

〜政府政策から考える〜
グリーンエネルギー政策の展望と進捗状況

・「太陽光発電推進2カ年計画」の成果と「風力発電推進4カ年計画」の進捗状況
・  グリーンエネルギー・サイエンスシティ設立により期待される経済発展

講師:台湾電力(股)有限公司 再生エネルギー処 元副処長  賴一桂氏

◎第2講

〜業界事情から考える〜
グリーンエネルギーにおけるビジネス機会

・ 太陽光・風力発電業界の現状と課題
・ サプライチェーンから見る業界参入の機会

講師:ワイズコンサルティング 董事・副総経理  
         ワイズリサーチ               総経理 陳逸如

/date/2016/07/04/chen_2.jpg

◎第3講

〜技術から考える〜
分散型電源社会の到来とビジネス機会

・分散型電源で環境に優しく強靭な社会を!
・未来のクリーンエネルギー、燃料電池

講師:   ワイズコンサルティング 副董事長・化学事業部長 松田立人

◎開催詳細

日時:

11月26日(月)14:00〜17:30 (受付13:30〜)

会場:

ワイズセミナールーム 台北市中正区襄陽路9号8階

使用言語/テキスト:

<第1講>中国語(日本語通訳付)
<第2・3講>日本語

定員:

20名

対象企業:

・新規事業参入を考えている日系企業
・商社
・太陽光発電関連企業
・電力会社

参加費用(お一人様、税込):

労務顧問会員      3,000元
機械ジャーナル   3,000元
ニュース会員    4,000元 
 一般参加者    5,000元     

*一般参加企業様は、ワイズニュースを2週間無料で配布!

お申込みフォーム

参加者情報1

参加者情報2

参加者情報3