報告揭載!【2018年12月19日】2019年春節賞与セミナー


セミナー 経営 人事労務 台湾事情 その他 2017年4月2日

オープンセミナー 日本人経営者

報告揭載!【2018年12月19日】2019年春節賞与セミナー

記事番号:T00081138

~経済展望、景気動向、他社比較から読み解く~
2019年春節賞与セミナー

オープンセミナーPlayback   

日 時:2018年12月19日(水)

講 師:

第1講 台湾経済研究院 研究四所所長 劉柏立氏

第2講 ワイズコンサルティング 董事・副総経理 陳逸如

第1講
〜台湾経済研究院の所長が徹底解説!〜
台湾経済の現状と2019年の展望

 米中貿易戦争、フランス暴動、英国の欧州連合(EU)離脱、華為技術(ファ ーウェイ・テクノロジーズ)問題、目まぐるしく動く世界経済。気になる台湾経 済の現状と行方を、台湾経済研究院(台 経院)の貴重な資料をもとに劉所長が詳しく解説しました。

1.台湾の経済環境
 日台関係を基礎データからみると、人 口は日本が台湾の5.4倍、1人当たりの域内総生産(GDP)は日本が1.6倍、台湾の対日輸入は輸出比2倍です。
 貿易をみると、台湾の対日貿易赤字に対して、対中貿易は、その約4倍額の黒字となっています。世界経済は、インタ ーネットの普及に始まったハイテクノロ ジー競争時代を迎えており、インターネットとデジタル化に依存する経済となっています。これらの技術を活用して、物 づくりやサービスの生産性を高める施策 が求められています。
 現在、第5世代移動通信(5G)の覇権争いが行われており、広範囲の多様な機器を高速でつなぐことのできる5G技 術は、モノのインターネット(IoT) に必須であり、全てのモノとサービスと情報がつながる社会を形成します。世界 で1,336兆円と推定されるIoTの巨大な経済効果の恩恵を受けるためには、I oT時代のビジネスモデルへの変革が必要です。政府の政策面では、電波政策と情報規制の見直しが不可欠です。

2.19年の台湾経済の展望
 19年のGDP成長率の見通しは2.2% (前年比0.37ポイント下落)です。製造 業の景気は、▽情報産業▽ディスプレイ パネル業▽通信製品産業──で好転する 一方、▽鉄鋼業▽自動車および部品業 ──では悪化が予測されます。サービス業他では、▽文化創意産業▽銀行業▽不動産業──の好転が予測されます。

3.今後3年先 台湾経済はどう動く
 米中貿易戦争の影響で、株価に大きな 変動が見受けられます。アジア開発銀行 (ADB)は、米中対立によりベトナム と台湾が恩恵を受けるとみています。過去のデータからは、これまで続いてきた台湾の景気拡張期は終局へ向かうと予測 されています。

/date/2018/12/22/20playback1_2.jpg劉所長。台湾と世界の経済見通しを講演しました (YSN)

第2講
〜100社超える日系企業が協力〜
 2019年在台日系企業の賞与調査報告

1.在台日系企業の最新賞与調査
 今年は213社にご協力いただきました。 (図)紙面を借りて、御礼申し上げます。早速、過去10年と比較してみましょう。 年間を通じての総賞与支給月数は3.08カ月と例年並みでした。詳細は約60ページ にわたり、▽業態別▽業界別▽業種別▽エリア別▽階層(役職群)別──に掲載いた しました。業態別の平均支給月数が最も高 いのは卸売業、最も低いのは飲食・宿泊業でした。賞与支給の決定要因をみると、「人事評価」による判断など従業員のパフ ォーマンスを重視しています。

/date/2018/12/22/20playback3_2.jpg

(図)

2.台湾企業賞与支給状況  104人力銀行の調査によ ると、台湾企業の7%が「支給しない」と回答して います。年末賞与平均月数を比較すると、日系企業: 台湾企業=2:1となります。台湾企業の支給月数は、台湾の経済成長率と高い相関関係が認められましたが、日系企業には、ほとんど相関関係が認められません。

3.在台日系企業の業績 状況
 17年実績、18年予測、19年見通しでみ た3年間の業績を、売上高と税引き前利益で調べた結果を解説しました。参考までに、台湾企業の景気見通し(104人力銀行調査)では、48%の企業が横ばいと答えています。

4.在台日系企業における米中貿易摩擦 の影響
 「悪い影響がある」の回答は23%、「特 に影響がない」は59%でした。悪い影響としては、▽中国市場の需要減▽25%の関税 増税▽仕入れ先や販売先の制限を受ける▽中国向け貨物の減少──などでした。良い影響は、▽中国からのUターン投資、▽東南アジア諸国連合(ASEAN)地域からの 受注増加▽台湾内の需要増加▽物流の活性化──などでした。

 最後に、今回ご参加いただけなかった皆さまへ賞与レポートの販売を行ってお ります。どうぞご利用ください。

/date/2018/12/22/20playback2_2.jpg

=========セミナー概要=========

お待たせ致しました!
今年も12月19日(水)に「春節賞与セミナー」を開催いたします。
本セミナーでは、経済展望景気動向他社比較から日系企業の賞与支給額の関連性を読み解きます。
ぜひご参加ください!

本セミナーの開催にあたり、在台日系企業の皆様に「春節賞与」に関するアンケートのご協力をお願いしております
アンケートにご協力頂きました皆様には、セミナー参加費用を優待価格にてご招待します。
本調査結果につきましては、セミナーにて発表させて頂きます。ご協力お待ちしております!

賞与アンケートは下記のURLからご回答ください。​
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・日本語:https://goo.gl/msPLqh

・中国語:https://goo.gl/xdDYt5

(より多くのデータを皆様へお届けするため、

期限を12月11日(火)18時まで延長致しました。)

アンケートの受付は終了致しました。ご協力いただいた皆さまありがとうございました!

アンケート回答特典

(1)アンケート協力及びセミナー参加の企業様には、賞与レポート「完全版」を贈呈します。
(2)セミナーに優待価格にてご招待します。
(3)アンケート協力のうえセミナーにご参加されなかった企業様には、賞与レポート「ダイジェスト版」を贈呈します。

 

~経済展望、景気動向、他社比較から読み解く~
2019年春節賞与セミナー

【第1講】

~ 台湾経済研究院の所長が徹底解説!~ 
台湾経済の現状と2019年の展望

・台湾の経済環境
・2019年の台湾経済の展望
・今後3年先台湾経済はどう動く

講師:台湾経済研究院 研究四所所長 劉柏立氏

【第2講】

~ 100社越える日系企業が協力 ~
2019年在台日系企業の賞与調査報告


・日系企業の最新賞与調査
・業界別の賞与支給動向
・階層別の賞与支給額

講師:ワイズコンサルティング 董事・副総経理  
         ワイズリサーチ      総経理  陳逸如

/date/2016/07/04/chen_2.jpg
 

【開催詳細】

日時:
12月19日(水)
14:00-17:00  (13:30~受付開始)

会場:
中国文化大学推広教育部
台北市建国南路2段231号B1

使用言語/テキスト:
日本語
 
参加費用(お一人様、税込):

セミナー参加費用

アンケート協力あり

アンケート協力なし

労務顧問会員 無料 1,000元
機械ジャーナル 1,000元 2,000元
ニュース会員 1,000元 2,000元
一般参加 2,000元 4,000元

【特典】 

 

セミナー参加あり

セミナー参加なし

アンケート協力あり 完全版 ダイジェスト版
アンケート協力なし X X

 

※一般参加企業様へは、ワイズニュースを2週間無料で配布いたします!

オープンセミナー日本人経営者

セミナーお申込みフォーム

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。