労務顧問

記事番号:T00000606
2006年9月26日0:00

Q: 退職条件に合う労働者が退職希望を提出する前に解雇された場合、どうすればよいのか?

Q: 労働者は労動基準法の退職条件に該当する場合、雇用者は支給しなくてもよい権利がありますか?

Q: 経営を委任する委任経理人の退職金は労働者退職準備金の中から支給してもよいのですか?

Q: 雇用者が5年内に労働者の退職金を全額積み立てていなかった場合、どのように責任をとるのでしょうか?

Q: 退職金制度について、引き続き旧制度(労働基準法に基づく)の適用を選択する労働者が、将来退職後再び雇用される場合、継続して旧制を選択できるか?

Q: 労働者退職金制度の改定の理由とは?

Q: 新制の利点は?

Q: 新制の重要な点は?

Q: 労働者退職金条例は、労保条例の労働者権益にどう影響するか?

Q: 労働者個人退職金口座制とは?

Q: 労働者個人退職金口座制の利点とは?

Q: 新制が「個人退職金口座制」を主、「年金保険制」を補とする理由は?

Q: 外国籍労働者に対する、新制の退職準備金拠出は必要であるか?

Q: 労働者への新・旧退職金制度の適用選択の確認方法は?

Q: 旧制の継続適用を選択する労働者が、退職後、再雇用される場合、引き続き旧制の適用を選択できるか?

Q: 新制を選択する労働者の、旧制適用下の勤続年数の保障は?

Q: 新制に規定された、雇用者が月々負担する退職準備金拠出率は?


これらの質問に対する答えはこちら(会員登録が必要です)