黒子としてアスファルト産業を支えるーー台湾区瀝青(アスファルト)工業同業公会


リサーチ 経営 台湾事情 作成日:2020年10月19日

業界ジャーナル

黒子としてアスファルト産業を支えるーー台湾区瀝青(アスファルト)工業同業公会

記事番号:T00092668

 台湾のアスファルト舗装の発展は、日本と密接な関係がある。1925年、「日本鋪道株式会社」が台湾にアスファルト舗装技術をもたらし、台湾の道路舗装は大きく進展した。その後、台湾全土の道路舗装計画や「十大建設」計画など大型公共工事の推進によってアスファルトコンクリートの需要は増加し、台湾の経済も道路建設の普及に伴って成長を遂げた。
 
 アスファルト舗装は多様化し、新材料による改良のほか、▽再生アスファルト▽改質アスファルト▽透水アスファルト▽乳化アスファルト──などさまざまな性質と効果を持ったアスファルトコンクリートが開発されており、日本の産学との技術提携や交流も続けられている。
 
 
【道路工事の成敗を担うアスファルト舗装】
 
 台湾の道路面積は約533平方キロメートルで、このうち95%以上がアスファルト舗装だ。公道や一般道路に広く使用されており、道路舗装の主流になっている。
 
 台湾のアスファルトコンクリートの年生産量は約500万~600万トン、年生産額は80億~100億台湾元だ。近年、台湾では各級道路が飽和しつつあり、新設道路工事は大きく減少している。アスファルトコンクリートは主に道路のメンテナンスに用いられるようになり、年生産量の約70%が使用されている。
 
 政府も道路舗装の品質と効果を重視するようになった。路面の凹凸工事だけでなく、国家発展委員会による重要公共建設計画「生活圏道路交通システム建設計画」などを推進し、道路をただ通ることができればよいものではなく、都市発展のレベルを示す重要な指標のひとつとしている。
 
 しかしながら、一般の人はアスファルトコンクリート産業に対していわゆる3Kという印象があり、この産業を理解しておらず、また理解しようとしない。当然のように平坦で快適な道路を利用するだけで、その背後で黙々と道路建設に携わる人々のことを忘れている。その人々の権利と利益もまた、軽んじられがちだ。
 
 アスファルト舗装は道路工事の仕上げの工程であるが、その費用は工事全体のわずか約10%で、その重要性は見落とされやすい。さらに、一般の人は道路工事の良し悪しを路面の出来栄えで判断する。アスファルト舗装の工程は重要な最後のステップであり、最も人に気づかれにくく、かつ工事の成敗を決定する重大な責任を負っているのだ。
 
 
【アスファルト産業を支える台湾区瀝青工業同業公会】
 
 現在、台湾には北部から南部にわたって、アスファルトコンクリートの生産を手掛ける企業が142社ある。
 
台湾区瀝青(アスファルト)工業同業公会が設立された1980年代初め、政府機関が実施する工事入札には不合理な部分が多く、企業は1社の力で対抗することが困難だった。設立から約40年、現在同公会は台湾北区、中区、雲嘉南(雲林・嘉義・台南)、高屏(高雄・屏東)など各エリアにオフィス7カ所を構えている。
 
 同公会は同業他社間の協力関係と産業の発展を促進するほか、台湾と海外における専門知識の吸収、技術提携、関連調査の統計と研究などを行っている。また、政府からしかるべき権利と利益を勝ち取るために会員企業をサポートし、台湾の道路建設の品質を守る黒子として活躍している。
 
右:台湾区瀝青(アスファルト)工業同業公会 理事長 顏寬恒氏
 
 
<台湾区瀝青工業同業公会>
住所:台北市青島東路5号6楼-1
電話:(02)2395-6668
ファックス:(02)2395-8008
ホームページ:http://taia2.org.tw/

業界ジャーナル

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。