5分でわかる台湾の人気ECサイト <後篇>台湾人気ECサイトTOP3


リサーチ マーケティング 台湾事情 その他 作成日:2021年6月18日

Y'sの業界レポート

5分でわかる台湾の人気ECサイト <後篇>台湾人気ECサイトTOP3

記事番号:T00096750

 ECサイトの知名度や信頼度、品揃えの豊富さ、配達の利便性のほかに、デジタルが進む中においては、支払い方法の多様性とモバイル対応度がより重視されるようになってきた。このような状況下で、シンガポールの蝦皮購物(Shopee)は多くの消費者から支持を得ている。

 


蝦皮購物(Shopee) 

 Shopeeの設立当初では、消費者から消費者へ商品を販売するいわゆるC2Cビジネスのオークションサイトとして、モバイル利用者により使いやすい仕組みを提供するモットーで台湾に進出した。販売者側はスマートフォン経由で写真をアップし、簡単に販売広告を掲載できる。購入者側もアプリのチャット機能を利用して、販売者側と価格を交渉したり、商品の状況を把握することができる。より多くの消費者にアプリをダウンロードしてもらうために、フェイスブックやインスタグラムに大量の広告を投下した。ほかには送料無料やコンビニ配送・受取サービスなどの戦略を行い、積極的にユーザー数を増やした。 

 特にコンビニ配送・受取サービスは、販売者側がコンビニ店内の端末で配送伝票を発行すれば、購入者側が指定した店舗に届けられる仕組みは従来の配送手間を省き、ユーザーから高い評価を得ている。その後、台湾進出2年後の2017年には通販機能を取り入れ、オークションサイトの「蝦皮拍賣」から通販サイトの「蝦皮購物」へと模様替えした。なお、当サイトはモバイルに特化しているため、20〜30代の人気を獲得している。


網路家庭(PChome)  

 PChomeは2007年に世界初の「24時間以内に届くサービス」を始めた。主力商品は3C(コンピューター、通信、家電)で、実店舗や他の通販サイトより安い価格で販売するのが強みで、20代〜40代の男性に人気が高い。PChomeの自社発表によると、2020年の売上高は438億台湾ドル(約1,664億円)を達成し、3C商品は全体売上高の6割以上も占める。更に、女性ユーザーを獲得するため、2020年にPChomeX(セレクトショップ)をリリースし、食品や生活用品のラインナップを充実させ、ユーザーの性別構成は女性が6割となった。


momo購物網(momo) 

 momo購物網は、金融大手の富邦集団傘下の富邦媒体科技(Fubon Multimedia Technology)に所属している。同社は2005年1月にテレビ通販を開始し、同年5月からネット通販サービスも開始した。momoは多くの高級ブランドや化粧品を取り扱い、特にOL向けの商品が豊富であるため、30代〜50代女性に好評を得ている。また、台湾に30箇所の倉庫を持ち、冷蔵・冷凍品の保存と輸送が可能なため、食品・食材の提供もできる。更に、当社はPChomeの24時間以内に届くサービスと対抗するため、台湾北部の台北、新北、基隆、桃園への配達は12時間以内に到着するサービスを開始した。その後「5時間スーパー」もリリースし、台北市・新北市限定で生活用品などの配達を5時間以内に短縮した。


 人気ECサイトトップ3のほかに、▽「日本輸入代行・直送No.1」の台湾楽天市場▽「台湾初・最大級のオンライン書店」の博客來(BOOKS)▽「台湾のコストコ(costco)」の生活市集(buy123)などのサイトも、それぞれの特徴を持ちながら進化し続けている。 

 新型コロナウイルスとともに生きる時代においては、商品販売形態の多様化、非顧客接触型ビジネスの拡大と展開は企業にとって急務であろう。

 

鍾晴

鍾晴

ワイズリサーチ

日本企業が台湾に進出するためのフィジビリティ・スタディを中心に、毎日台湾産業界の最新情報を収集・更新している。ECサイトの運営概況と特徴、商業施設の顧客層と経営概況などのB2C業界調査のほかに、半導体や医療機器・設備の業界調査も担当し、お客様から高い評価を獲得した。

Y'sの業界レポート

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。