【16年5月20日開催】あの、巨大グループを創った偉大な故人の経営哲学


セミナー 経営 台湾事情 2016年5月20日

オープンセミナー 日本人経営者

【16年5月20日開催】あの、巨大グループを創った偉大な故人の経営哲学

記事番号:T00064976

 〜他では聞けない、台湾経済を変えた経営者魂〜
「あの、巨大グループを創った偉大な故人の経営哲学」

 今年に入り台湾の名経営者2人がこの世を去りました。1人はセブン−イレブンやスターバックスなどを手掛ける統一集団の創業者、高清愿氏。もう1人は、長栄海運やエバー航空などの長栄集団創業者、張栄発氏。2人とも一代で巨大グループを築きました。
 今回はこの2社の発展の経緯と2人の施策を分かりやすく解説するとともに、日系企業の経営者の皆さまにもすぐに使える2人の手法を伝授いたしました。


オープンセミナーPlayback

 第1講 一代で台湾最大の流通グループを創りあげた「統一集団(セブン−イレブン、スタバ、カルフール等)高清愿氏の経営哲学」
 〈講義内容〉
・高清愿氏率いる統一集団は営業収益約1兆日本円、グループ会社200社以上から成ります。その起源は、品格ある人材を82名集めたことに始まり、小麦粉工場を創設すると、2年で即席麺分野で不動の地位を築きました。
・日本のセブン−イレブンのビジネスモデルを知ると、流通業に目を向けて、統一超商(プレジデント・チェーンストア)を設立して台湾でのセブン−イレブン・ビジネスを開始しました。しかし、初めから成功したわけではなく、当初の7年間は赤字が続きました。
・最初の10年は商売人として、次の10年は経営者として、その後の10年は次世代経営者の育成に尽力しました。
・高清愿氏の経営哲学は?
(1)サービス、信用、品質、リーズナブルな価格
(2)社内円満にすれば何事もうまく運べる

(3)人徳を生かす
(4)人としての品格を重要視する
 
・高清愿氏の偉大な点は?
(1)人徳と知恵を兼ね備えている
(2)信念を貫く強い意志
(3)常に新しいことを考えアイデアを出し続ける
(4)経営は、何事も諦めない
(5)衆知を集めて有益な意見を吸収する
(6)数値を重視して、部下を信頼した
(7)情には厚いが、不必要な場面に義理を持ち込まない

 
第2講 一代で世界最大の海運会社を創りあげた「長栄集団(エバーグリーン) 張栄発氏の経営哲学」
 
〈講義内容〉
・張栄発氏は東日本大震災では自己資産10億円を寄付されましたが、残念なことに、彼の死去は日本ではほとんど報道されませんでした。
・長栄集団は、海運、空輸、陸運、ホテルを営み、台湾の人は張栄発氏を、そのカリスマ的な経営手腕から「独裁者」とイメージしているようです。
・日本教育を受けた影響もあり、道徳をとても重んじていました。
・独学で航海士の免許を取り海運会社を始めるも失敗、1968年、41歳のときに長栄海運(エバーグリーン・マリン)を設立し、同業他社が参入していなかった極東と中東を結ぶ路線を開設しました。現在は約200隻のコンテナ船を有し、世界80カ国を結ぶ、世界第4位の海運業者に成長しました。
・62歳のときに台湾初の国際線を持つ民間航空会社、長栄航空(エバー航空)を設立、安全性を重視した上質なサービス提供により高い評価を得ます。
・「得た恩を10倍で返す」。基金を設立するなどの社会貢献に励み、さまざまな分野で多くの功績を残し、勲章を得ました。

・張栄発氏の経営哲学は?
(1)人生で最も大切なことは、お金を増やすことではなく、よりよく使い社会の財産を増やすことである(自己資産の500億円を社会貢献に使うよう遺言)
(2)チャレンジ・イノベーション・チームワーク(やりたいことをやり続ける力)
(3)調和、喜びの共有、共に繁栄(人財が企業最大の資本)
(4)親切なサービスが新たなイノベーションを生み出す
(5)「企業トップは無私たらねば」の信念を持つ。自身の保身のために経営を行うことは許されない

 
張栄発氏の偉大な点は?
(1)正しいと考えた決心を貫く「鉄の意思」の持ち主
(2)学ぶ気持ちがあればどこでも学べる
(3)「カニ哲学」によるチームワーク育成(カニの8つの足がバラバラに動くとカニは進めない)

第3講 コンサルタントがわかりやすく解説!「日系企業経営者でも使える、二人の偉人経営者から学ぶこと」
〈講義内容〉
●高清愿氏は策士で人使いの天才 ・統一集団の強みは、川上から川下までのバリューチェーン全体を網羅していること
(1)コストリーダーシップ戦略により、合理的な低コストと高付加価値を同時に狙う
(2)小さい市場規模の中で発展するため、多角化により相乗効果を最大限に発揮
(3)顧客ニーズの変化を先読みし、常に新たなビジネスモデルに挑戦し続けた

●張栄発氏は自分にも他人にも厳しい ・反対されても、失敗しても、妨害されても強い意志でやりぬく「独裁的リーダーシップ」の必要性
(1)トップが責任を負うという決断と意志が強い独裁的リーダーシップの必要性
(2)高い道徳心、株主中心主義を否定して社員中心主義を唱える

●2人に共通する学ぶべきポイント
(1)生涯、自ら学習し続ける
(2)徳を積む
(3)社員に愛情を注ぎ、人材育成に多くの投資を行う
(4)ビジネスの相乗効果を最大限活用する
(5)将来を予測し先手を打つ意思決定
(6)常識にとらわれず、低コスト高付加価値の仕組みをつくる
(7)失敗を果敢に乗り越える。成功は失敗の一部である
(8)経営者は10年やって一人前になる。
(9)日本人ビジネスパーソンへのエール
日本はアジアのリーダーでなくてはならない。アジアでは欧米式のマネジメントは合わない、本来の日本式のやり方を取り戻すべき

<参加者の感想>
・自分にも他人にも厳しいながら、人徳を重んじて人を信頼し大切にするという温かみのある共通点に感動しました。
・2人の経営のポイントをマーケティングの観点から分析され、大変勉強になりました。ビジネスパーソンとして、今後の財産となるセミナーでした。
・必ずしも日本のやり方をまねるのではなく、台湾に合ったビジネス展開をしたことが成功のポイントとなったことが理解できました。
・不断の勉強とアンテナを張り巡らせているからこそ時代やニーズを先取りでき、新しいアイデアが浮かぶことが分かりました。

 

===============セミナー概要===================

【第1講】

一代で台湾最大の流通グループを創りあげた
「統一集団(7/11、スタバ、カルフール等) 高清愿氏の経営哲学」

●統一集団の概要と発展の経緯
●高清愿氏の経営哲学と施策
●高清愿氏のスゴイところ
 
講師:ワイズリサーチ    総経理 陳逸如

 

【第2講】

一代で世界最大の海運会社を創りあげた
「長栄集団(エバーグリーン) 張栄発氏の経営哲学」

●長栄集団の概要と発展の経緯
●張栄発氏の経営哲学と施策
●張栄発氏のスゴイところ
 
講師:ワイズコンサルティング 経理 佐々木緑
 

【第3講】

コンサルタントがわかりやすく解説!
「日系企業経営者でも使える、二人の偉人経営者から学ぶこと」

●高清愿氏から学べる経営のポイント
●張栄発氏から学べる経営のポイント
●明日から使える10の手法
 
講師:ワイズコンサルティング代表 吉本康志

 

================================

日時:5月20日(金)14:00〜17:00

 
会場:ワイズコンサルティングセミナールーム
台北市中正区襄陽路9号8階
 
 
使用言語/テキスト:日本語
 
参加費用(お一人様、税込):
リーガル会員 1,000元 
労務顧問会員 1,000元
ニュース会員 2,000元
一般参加企業 3,000元

 

一般企業様への特典
ワイズニュースを2週間無料で提供致します!

オープンセミナー日本人経営者

セミナーお申込みフォーム

2週間無料モニター募集中!

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。