賃金関係質問集


労務顧問 人事労務 2009年1月7日

Q&A 質問

賃金関係質問集

記事番号:T00000602

Q: 仕事を欠勤した場合、欠勤一日に対し三日分の賃金を差し引いて給付することができますか?

Q: 労資双方は賃金を差し引いて、違約金や賠償金に充てることに反対する約束を交わしてもよいのですか?

Q: 賃金はどのように算定されるのですか?

Q: 雇用者は営業停止する場合、その間の賃金を平常どおり給付する必要がありますか?

Q: 残業代はどのように算定するのですか?

Q: 特別休暇の賃金は平均賃金の中に一緒にいれて計算してもよいのですか?

Q: 台風の日は出勤しなくてはなりませんか?その日の賃金はどのように計算されるのですか?

Q: 雇用者は労働者の同意を得ずに一方的に減給できますか?どのように処理するのですか?労働者はこれを理由に手当を要求することができますか?

Q: 値班(宿直)とは何ですか?その残業代はどのように算定されるのですか?

Q: 食事手当はつけなくてはなりませんか?

Q: 平均賃金を計算する際、実際の勤務日数に定休日も入りますか?もしも一月に休みが6日間ある場合、実際の勤務日数は24日間ですか、それとも30日間で計算するのですか?

Q: 結婚の為に休暇を申請し、しかし業務上の必要からその休暇期間に出勤した場合、その賃金は残業として計算されるのですか?

Q: 自然災害休暇期間の賃金支給について、もしも会社が自然災害休暇には賃金を支給しないという政策をとっていたが、出勤する必要がでた場合、賃金は平常の賃金を支給するのですか?それとも労基法第40条に基づき倍の賃金を支給するのですか?

Q: 「夜點費」とは何ですか?どのような時に「夜點費」はでてくるのですか?

Q: 会社が従業員へ毎月「固定」支給している残業手当は、課税対象であるか?


これらの質問に対する答えはこちら(会員登録が必要です)

Q&A-質問

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。