ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

《台湾有事》台南の海岸で年末に射撃訓練、中国軍の上陸を想定か/台湾


ニュース 政治 作成日:2023年11月23日_記事番号:T00112388

台湾有事

《台湾有事》台南の海岸で年末に射撃訓練、中国軍の上陸を想定か/台湾

 農業部漁業署は21日、台湾陸軍第8軍団が台南地区の海岸「喜樹海灘」の野戦訓練場で12月28日に実弾を使用した射撃訓練を実施すると発表した。喜樹海灘は、中国軍が台湾に侵攻する際、上陸地点となる可能性が高い地区の一つ。同地で実弾射撃訓練が行われるのは珍しい。自由時報電子版が伝えた。

 喜樹海灘は台南市南区に位置し、近くに安平区漁光島、安平港があり、南は高雄市まで続いている。沿岸に沿って省道台17線が通るほか、台南空港や空軍台南基地といった重要な戦略拠点も約5キロメートルの距離にある。

 陸軍第10軍団の章元勲・指揮官は陸軍参謀長を務めていた今年初頭、米国からの対戦車地雷敷設装置「ボルケーノ」購入について説明する際、中国軍の台湾上陸部隊を乗せた船舶が出航した際、喜樹海灘などに地雷を敷設すると述べていた。

 屏東県の恒春半島では22日、陸海空軍合同の3軍統合演習を実施した。

 

【セミナー情報です】
組織を活用し、業績を上げる事を深く考え実践できる。そんな日本人管理者の育成に最適です。幹部としての自覚を持ち、組織力発揮の立役者に!在台日系企業の日本人向け管理者研修。12月21日開講。
検索は「管理者研修、12月21日」。
【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/103872.html

台湾有事