ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

《台湾有事》中国軍機21機飛来、14機が中間線越え【図表】/台湾


ニュース 政治 作成日:2024年2月15日_記事番号:T00113731

台湾有事

《台湾有事》中国軍機21機飛来、14機が中間線越え【図表】/台湾

 国防部は15日、15日午前6時までの24時間に、台湾周辺の空海域で確認した中国軍機は延べ21機、中国艦艇は6隻で、うち軍機14機が台湾海峡の中間線とその延長線を越えたり、台湾北部や南西の防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。中国の気球は確認しなかった。

/date/2024/02/15/17pla_2.jpg10日の中国軍機と気球の飛行経路(国防部リリースより)

 国防部は14日、午後1時ごろから中国軍の戦闘機「殲16(J16)」や軍用輸送機「運8(Y8)」、無人機(ドローン)など延べ14機が台湾周辺の空海域で活動し、うち軍機9機が台湾海峡の中間線やその延長線を越えたり、台湾の北部、中部と南西の防空識別圏に侵入し、中国の艦艇と合同でパトロール(哨戒、共同戦闘準備哨戒)を行ったと発表した。

 春節(旧正月、2024年は2月10日)連休中の9日と10日に中国の気球それぞれ8機が台湾海峡の中間線を越えて飛来し、9日は2機、10日は6機が台湾の北部、中部の上空を通過したのを確認した。

/date/2024/02/15/317pla02_2.jpg

 ペロシ米下院議長(当時)が2022年8月2日に訪台し、離台した8月3日以降、台湾周辺の空海域で連日のように中国軍機や艦艇を確認している。確認した中国軍機は累計7900機以上で、中間線やその延長線を越えたり、防空識別圏に侵入したりしたのは累計2897機だった。

/date/2024/02/15/317pla01_2.jpg

 気球は1月1日以降、断続的に飛来を確認しており、累計78機となった。

 

【ワイズPRです】
ワイズコンサルティング グループは台湾におけるセクハラに関わる性別平等工作法の改正と施行に伴い、「セクハラ対策トータルコンサルティング」サービスをリリースしました。
検索は「ワイズ セクハラ対策」。
【在台日系企業・日本人向けPRを募集しています】
https://www.ys-consulting.com.tw/pr/441.html

台湾有事