台湾事情


リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年2月20日

機械業界 自動化・ロボット
産業用ロボット産業の発展と台湾メーカーの商機

一、産業用ロボット産業のトレンドと世界の市場規模  近年、情報通信技術(ICT)と自動化技術の発展と統合によって、各産業における産業用ロボットの応用は成長が続いている。2010年から18年では、世界 …… 続きを読む

コラム 台湾事情 作成日:2020年2月13日

ワイズ杯ゴルフレポート
74話 第121回大会 優勝は新兵器のおかげ?パート2

 皆さま、こんにちは。ワイズコンサルティング佐藤です。先週、とあるゴルフコンペに参加してまいりました。ここ最近は先行き不安なニュースが報道されておりまして、雑多に人が集まる場所には注意が必要と考えてお …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 リサーチ会員 作成日:2020年2月6日

台湾ポンプ・コンプレッサー・コルク・バルブ 製造業の産業概況と今後の展望

一、産業概況  2019年に入ってから世界経済の成長鈍化が続き、とくに中国では米中貿易摩擦を受けて機械設備製品に対する輸入需要が大きく縮小したため、台湾ポンプ・コンプレッサー・コルク・バルブ製造業の …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年2月6日

機械業界 工作機械
台中精機廠 台湾製造業のサービス化をリード (ビクター台中・マシナリー・ワークス)

 台中精機廠(ビクター台中・マシナリー・ワークス)は台湾最大手の工作機械メーカーだ。1954年に台中市西屯区で設立された同社は、工作機械とプラスチック射出成形機を主力製品としている。設立初期は、従来型 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年2月6日

機械業界 技術応用
工研院がみる台湾機械産業の構造転換における課題

 工業技術研究院(工研院)の分析によると、米中貿易摩擦と主要経済国の経済成長鈍化を受けて、ドイツや日本、台湾などの機械設備輸出額は打撃を受けた。このうち、2019年1〜9月の台湾機械産業の主要設備輸 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年2月6日

機械業界 電子・半導体
台湾電子・半導体生産機械製造業のメーカー動向と今後の展望

一、産業概況  台湾電子・半導体生産機械製造業は海外受注が縮小したことに加えて、台湾メーカーがハイエンド生産プロセスを発展させたことから受注が低迷した。このため、2019年1〜11月の台湾当産業の多 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 作成日:2020年1月22日

機械業界 電子・半導体
車載電子部品のメーカー「車王電子」

企業概要  車王電子(モービルトロン)は自動車用電子制御部品と産業・自動車用充電型動力工具の生産・販売を主要業務とする。2018年、車王電子は既存の自動車電子部品と車のインターネット(IoV)のほか …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月22日

機械業界 動力工具
台湾動力手工具製造業の振り返りと2020年の展望

一、産業概況  動力手工具は電動工具、空圧工具と油圧工具を含む。台湾の動力手工具製造業は国際大手ブランドのOEM(相手先ブランドによる生産)を行っており、欧米諸国を主要市場としている。2019年は米 …… 続きを読む

リサーチ 台湾事情 その他 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月22日

機械業界 技術応用
台湾におけるドローンの商業応用

 専門情報サイトDRONEII.Comの研究報告によると、ドローンの世界市場規模は2018年の140億米ドルから24年には430億米ドルまで大きく成長する見通しだ。ドローンは軍事用、一般用と商業用の3 …… 続きを読む

リサーチ マーケティング 台湾事情 機械ジャーナル会員 作成日:2020年1月22日

機械業界 機械設備・部品
台湾電子・半導体生産機械製造業の振り返りと今後の展望

一、産業概況  2019年に入ってから、台湾電子産業の投資意欲は世界市場に反して好調を示した。台湾積体電路製造(TSMC)がハイエンド生産プロセスに対する設備投資を拡大したためだ。また、米中貿易摩擦 …… 続きを読む

情報セキュリティ資格を取得しています

台湾のコンサルティングファーム初のISO27001(情報セキュリティ管理の国際資格)を取得しております。情報を扱うサービスだからこそ、お客様の大切な情報を高い情報管理手法に則りお預かりいたします。