ワイズコンサルティング・グループ

HOME サービス紹介 コラム 会社概要 採用情報 お問い合わせ

コンサルティング リサーチ セミナー 在台日本人にPR 経済ニュース 労務顧問会員

《台湾有事》麻生氏の「戦う覚悟」発言、日本政府は平和的解決を強調/台湾


ニュース 政治 作成日:2023年8月10日_記事番号:T00110492

台湾有事

《台湾有事》麻生氏の「戦う覚悟」発言、日本政府は平和的解決を強調/台湾

 自民党の副総裁を務める麻生太郎元首相が8日、台北市内で行った講演の中で、日本、台湾、米国をはじめとした有志国に、強い抑止力を機能させる「戦う覚悟」が求められていると発言したことが議論を呼ぶ中、日本の松野博一官房長官は9日の記者会見で、「台湾を巡る問題が対話により平和的に解決されることを期待するというのが、我が国の従来からの一貫した立場」との認識を示した。10日付中国時報が報じた。

/date/2023/08/10/17asou_2.jpg麻生副総裁(右3)、頼・副総統(左3)、呉・外交部長(左2)らは8日、総統府で会談した(8日=中央社) 

 国防部は10日、9日午前6時~10日午前6時に、台湾周辺の空海域で、中国軍機延べ33機、艦艇6隻が活動し、うち軍機10機が台湾と中国の事実上の停戦ラインとされる中間線を越えたり、台湾の南東の防空識別圏(ADIZ)に侵入したのを確認したと発表した。

 中国駐日大使館は9日午後、麻生副総裁の発言に対し、身の程知らずででたらめな発言で、中国の内政干渉で、台湾海峡の安定を壊すと指摘し、日本側に厳正な申し入れを行ったと発表した。

候補者3人や郭台銘氏と面会

 麻生氏は台湾滞在中、呉釗燮・外交部長(民進党)や蒋介石・元総統のひ孫に当たる蒋万安・台北市長(国民党)と会ったほか、2024年1月に投開票が行われる総統選挙の▽民進党公認候補、頼清徳・副総統、▽国民党公認候補の侯友宜・新北市長、▽台湾民衆党候補の柯文哲・主席、▽依然として出馬のうわさが根強い鴻海精密工業の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏──と面会した。これについて中国時報は、日本は総統選で特定の候補を支持していないことを示していると分析した。

 

【セミナー情報です】
セクハラ防止に関する企業義務と対策セミナー。日本語・中国語で法改正のポイントと防止策を解説。8月31日開催。
検索は「ワイズ、セクハラ防止」。
【セミナー情報の詳細はこちら】
https://www.ys-consulting.com.tw/seminar/110426.html

台湾有事