第56回 チアと観客が一体で応援!プロ野球・楽天モンキーズ/台湾


ニュース 商業・サービス 作成日:2021年4月1日_記事番号:T00095375

台湾産業ココがスゴイ

第56回 チアと観客が一体で応援!プロ野球・楽天モンキーズ/台湾

 台湾で唯一の日系のプロ野球チーム、楽天桃猿(楽天モンキーズ)の試合を、チームの本拠地の桃園国際棒球場(桃園国際野球場、桃園市中壢区)で観戦してきました。

/date/2021/04/01/20koko13_2.jpg試合の中盤を過ぎたころには、選手ごとの掛け声を覚えてきました。次回は大きな声で応援します! (YSN)

 台北駅から台湾高速鉄路(高鉄)で桃園駅に行き、桃園機場捷運(桃園空港MRT=都市交通システム)に乗り換え、桃園国際野球場の最寄り、桃園体育園区駅まで1駅。早ければ30分で到着です。

 実は筆者、野球についてはど素人。小学校の体育の授業でプレーした程度だったので、観戦前は楽しめるか少し不安でした。しかし帰るころには、「楽しい!またぜひ試合を見に行きたい!」と思うほどヒートアップ。興奮冷めやらぬまま書いたリポートをどうぞ!

チアのリードで試合に参加

 この日の試合は、楽天モンキーズ対統一獅隊(統一ライオンズ)でした。

 試合が始まると、チアガールの楽天女孩(楽天ガールズ)が一塁と三塁のベンチ上に設けられたステージに笑顔で並び、電子音の音楽に合わせたキレのあるダンスと掛け声で盛り上げます。試合の進行状況や選手ごとにダンスを切り替えます。

/date/2021/04/01/20koko8_2.jpgこの日はJCB協賛デーで、楽天ガールズの1着目の衣装はロゴ入りの白Tシャツでした。かわいい衣装にも注目です(YSN)

 観客もノリノリです。5回裏、ランナーが出塁し、得点への期待が高まると、ステージ前の観客たちは総立ちに。楽天ガールズの動きに合わせて一緒に踊ります。楽天に2点入ると、観客がわっと歓声を上げ、笑みがこぼれました。

 「台湾プロ野球はチアがかわいくてセクシーだから人気」と思っていましたが、一緒に踊ったり声を上げたりするのをリードし、試合に参加しているという気持ちを高めてくれるので、こんなにも愛されているのですね!日本ではバックネット裏の席が人気と聞きましたが、台湾プロ野球ではチアの前の席から売れるのだとか。

選手と目が合う近さ

 選手と観客の距離感が近いのも魅力です。バックネット裏3列目に座った筆者がずっと目で追っていた、背番号1番で1番バッターの陽耀勲・選手。バッターボックスに入る前に素振りをしているとき、筆者の前の席の女性の声援にこちらを振り向いてアイコンタクトしてくれました。観客の声援が選手にちゃんと聞こえているんですね!

/date/2021/04/01/20koko9_2.jpg陽耀勲・選手は、2点タイムリーヒットでチームの勝利に貢献しました (YSN)

 陽耀勲・選手は2006~10年まで日本の福岡ソフトバンクホークスでプレーしていました。読売ジャイアンツで現在活躍中の陽岱鋼・選手のお兄さんです。

楽天効果で楽しさアップ

 楽天モンキーズは、楽天が19年9月に旧Lamigo桃猿(ラミゴモンキーズ)の買収を発表し、20年シーズンから台湾プロ野球に参入。1年目で新型コロナウイルス禍が直撃し、無観客試合を余儀なくされた中、いち早くロボットやマネキン、パネルによる応援を取り入れるなどして注目されました。

 2年目の今年のスローガンは「Stronger Together」。チーム一丸となって、依然残っている新型コロナウイルスの影響に立ち向かう、選手たちが強くなり、優勝するという意味が込められています。

 楽天モンキーズは、ラミゴの選手やコーチ、スタッフを留任するなど、ラミゴ時代の良いところを残しつつ、楽天のスポーツ事業での成功を少しずつローカライズして取り入れています。

 座席では、最前列はグラウンドとほぼ同じ高さで、選手のプレーを眼前で楽しめる、ロックシート(フィールドシート)を取り入れました。グラウンドの最前線のファウルゾーンまで座席がせり出しています。平日は450台湾元(約1,750円)、休日は600元で、普通の内野席にプラス100元程度です。

/date/2021/04/01/20koko_2.jpg赤い席がロックシートで、三塁ベースが目の前に見える位置に設置されています(YSN)

 VIPルームも作りました。バルコニーの座席で試合を楽しみ、夏場で暑くなったら、クーラーの効いた室内で涼むことができて快適。ソファ、大画面テレビが設置され、明るい雰囲気の内装です。年単位だけでなく、1日単位での貸し出しが可能で、接待にもピッタリですね。

/date/2021/04/01/20koko6_2.jpgVIPルームからはタブレット端末で軽食なども注文できます(YSN)

 ラミゴ時代からあるレストラン席もおすすめです。これからの夏本番、仲間と野球観戦をしながら、焼き肉とビールを楽しめますよ!料金はチケットと料理代で、4人で約5,000元から。

 あれ?試合の結果まで書ききれなかった!ということで、次回に続く!

ワイズメディア 林弘恵

台湾産業ココがスゴイ