第53回 黒ニンニクの個性派チョコ!長栄桂冠酒店が金賞受賞/台湾


ニュース 食品 作成日:2020年12月23日_記事番号:T00093843

台湾産業ココがスゴイ

第53回 黒ニンニクの個性派チョコ!長栄桂冠酒店が金賞受賞/台湾

 皆さま、こんにちは!同コラムを引き継ぎました、ワイズニュース編集部の林弘恵(はやしひろえ)です。今回は初回ということで、得意分野のグルメをテーマに選びました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 本格的な冬が到来し、筆者の住む台北市でも寒い日々が続いています。寒いけれども、クリスマス、お正月、春節(旧正月、2021年は2月12日)と楽しいイベントの多い時期です。クリスマスにプレゼント交換をしたり、連休中に友人の家を訪問したりと、贈り物を用意する機会が増えるのではないでしょうか?

 今回はそんな贈り物に最適(?)なチョコレートをご紹介します。

 酒の肴にしたくなるような、台湾のホットな話題をお届けする毎日のワイズニュースの最後の記事「ワイズ横丁」で取り上げた話題を覚えていらっしゃいますか?台中市のホテル、長栄桂冠酒店台中(エバーグリーン・ローレル・ホテル台中)の台湾産の食材と海外のチョコレートを組み合わせた作品が、国際品評会で輝かしい成績を収めました。

《ワイズ横丁》黒ニンニクのチョコなど、長栄集団が国際品評会で活躍
https://www.ys-consulting.com.tw/news/92584.html

/date/2020/12/23/20ever5_2.jpg黒ニンニクチョコレートは、ドーム型の一口サイズで、コーヒーブレイクにぴったり(長栄桂冠酒店台北フェイスブックより)

 最優秀の金賞に輝いたのはなんと「黒ニンニクチョコレート」。チョコレートにニンニク?まさかの組み合わせです。どんなものなのか興味が湧いたので、実食してみました。

チョコは引き立て役

 チョコレートの主役の黒ニンニクは、雲林県産です。雲林県は台湾のニンニク生産量90%を占める一大産地で、ニンニクを発酵させた黒ニンニクなどの加工食品も生産しています。

/date/2020/12/23/20ever4_2.jpg親指の爪サイズの黒ニンニクが入っていました(YSN)

 雲林県産黒ニンニクのかけらを、スイスから輸入したミルクチョコレート(カカオ分50%)に雲林県産の新鮮なニンニク、フランス産の生クリームを合わせた餡(あん)で包みました。

 口元に持ってくると、既にニンニクの香り。口に入れた瞬間、チョコレートのまったりとした食感とともに、ニンニクの香りが充満します。ニンニクが完全に主役で、チョコレートは引き立て役です。とってもユニーク!薬味のニンニクはたっぷり掛けたい派の筆者にとって大満足の一品です。

日本の大吟醸が名脇役

 長栄桂冠酒店台中はこの他、「酒かすチョコレート」で銀賞を受賞。台湾煙酒(TTL)の酒かすをスイスから輸入したホワイトチョコレート(カカオ分50%)とダークチョコレート(70%)と合わせました。脇役として兵庫県の小西酒造の「大吟醸ひやしぼり」を使用。日本の食材も一枚かんでいたんですね!

/date/2020/12/23/20ever3_2.jpg左から黒ニンニクチョコレート、酒粕チョコレート、パッションフルーツと黒胡椒チョコレート(YSN)

 クリーミーで、甘酒のような味わいです。一足早く、お正月の気分です。

 銅賞受賞の「パッションフルーツと黒胡椒チョコレート」は、南投県産のパッションフルーツと高雄市産の黒胡椒、マダガスカル産のダークチョコレート(カカオ分64%)のコラボ。

 味はフルーティーで、そこまで酸味は感じません。おいしいチョコレートという感想で終わるのかと思っていたら、後から黒胡椒のピリッとした刺激。二段階攻撃のチョコレートでした。3種類のうち、一番女子受けするのはこれかも!

台湾食材を世界にアピール

 3種のチョコレートを研究開発(R&D)したのは、長栄桂冠酒店台中の張志宏シェフ率いるチームです。新型コロナウイルス感染症の世界的流行で、ホテル業界が深刻な打撃を受ける中、新たな商機を生み出すべく、チョコレートの新作開発を開始。その後、チョコレート界のアカデミー賞と称される「インターナショナル・チョコレートアワード(ICA)」アジア太平洋地域大会が、コロナ禍でも中止されず、屏東県で開催されることが分かり、駆け足で完成させました。

/date/2020/12/23/20ever2_2.jpg張シェフはチョコレートの完成までに、60回以上の試食を重ねました(長栄桂冠酒店台中提供)

 張シェフは授賞式で、台湾食材と海外のチョコレートのコラボ作品を通じ、台湾食材を世界に知ってもらいたいと語りました。

 黒ニンニクチョコレートのアイデアは突然の思いつきで、ニンニクは普段、台湾料理などのしょっぱい味付けの中で使われますが、それを発酵させた黒ニンニクをスイーツに合わせたらどうなるのかと考えたのだそう。

 今回筆者が購入したのは、3種のチョコレートが3つずつ入った詰め合わせで、特別価格500台湾元(約1,800円)。黒ニンニクチョコレートが9個入った詰め合わせ(特別価格530元)もありました。長栄桂冠酒店の直営ホテルの台中、台北、基隆で購入できます。数に限りがあるので、電話での予約をおすすめします。

 ニンニク好きな方への冬の贈り物に、個性派チョコレートはいかがでしょうか?

ワイズメディア 林弘恵

台湾産業ココがスゴイ